漢検の勉強の仕方

漢検の勉強の仕方

こんにちは、館山市の学習塾SLLの小池です。

すごくシンプルに言うと、

  1. 過去問をとく
  2. 練習をする
  3. 過去問を解く

※以下、2-3を繰り返します。

1. 過去問をとく

どんな資格試験もそうですが、最初に過去問をときます。

  • どんな問題がでるのか
  • 自分がどの程度の実力なのか
  • 合格に後何点必要なのか

そんなことがわかります。

もしも、一発目でいきなり合格点を超えるようなら、受ける級を上げたほうがいいです。少し努力しないと合格しないぐらいの点数がちょうどいいので。

大問ごとに点数をだし、どこの大問が練習したら伸ばせそうかを考えます。例えば、漢字の読みは30点中28点取れているとして、漢字の読みを勉強をしても伸びしろは少ないですよね。熟語の構成が20点中2点だとしたら、伸びしろは大きいです。

過去問の取得

過去問の取得は、漢検公式サイトから可能です。iPadに直接ダウンロードして、すぐに問題を解くことができます。

2. 練習をする

漢検のテキスト、アプリを使って練習をします。

テキストについては、小池に声をかけてください。共有できるものがおそらくあります。

アプリはこちらから、ダウンロードしてください。

 

漢字の勉強にあたって、こちらのページは参考になります。

3. 過去問をとく

ある程度練習したら、また過去問をときます。

合格ラインは70%です。※準2〜7級の場合。

だいたい合格ライン+10〜20点取れるぐらいまで、実力を磨きます。

すると安心して当日を迎えることができます。

合格ラインを超えないようなら、また 2.練習をする に戻ります。

 

漢検の勉強が大変・・・。気持ちが折れそうになったら、こちらを参考にしてください。

漢検をとって入試を有利にすすめよう

お問い合わせ

以下↓の問い合わせ手段もあります。

LINE
24時間受付

ショートメール
24時間受付

電話
平日10-16時、土日10-20時に受付

ABOUT US

千葉県の白浜町出身。安房高校→慶應義塾大学(経済)→リクルート→SLL。 高校時代学年でブービーから慶応大学に合格した勉強の仕方を伝授。だらしない僕にもできた勉強方法。誰にでもできるように高い再現性を持ったメソッドをみなさんに広めたいと思います。

プロフィール詳細> 塾の詳細>