漢検の勉強の仕方

漢検の勉強の仕方

こんにちは、館山市の学習塾SLLの小池です。

すごくシンプルに言うと、

  1. 過去問をとく
  2. 練習をする
  3. 過去問を解く

※以下、2-3を繰り返します。

目次

1. 過去問をとく

どんな資格試験もそうですが、最初に過去問をときます。

  • どんな問題がでるのか
  • 自分がどの程度の実力なのか
  • 合格に後何点必要なのか

そんなことがわかります。

もしも、一発目でいきなり合格点を超えるようなら、受ける級を上げたほうがいいです。少し努力しないと合格しないぐらいの点数がちょうどいいので。

大問ごとに点数をだし、どこの大問が練習したら伸ばせそうかを考えます。例えば、漢字の読みは30点中28点取れているとして、漢字の読みを勉強をしても伸びしろは少ないですよね。熟語の構成が20点中2点だとしたら、伸びしろは大きいです。

過去問の取得

過去問の取得は、漢検公式サイトから可能です。iPadに直接ダウンロードして、すぐに問題を解くことができます。

2. 練習をする

漢検のテキスト、アプリを使って練習をします。

テキストについては、小池に声をかけてください。共有できるものがおそらくあります。

アプリはこちらから、ダウンロードしてください。

 

漢字の勉強にあたって、こちらのページは参考になります。

3. 過去問をとく

ある程度練習したら、また過去問をときます。

合格ラインは70%です。※準2〜7級の場合。

だいたい合格ライン+10〜20点取れるぐらいまで、実力を磨きます。

すると安心して当日を迎えることができます。

合格ラインを超えないようなら、また 2.練習をする に戻ります。

 

漢検の勉強が大変・・・。気持ちが折れそうになったら、こちらを参考にしてください。

漢検をとって入試を有利にすすめよう

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

無料体験、個別説明会こちら

当塾の説明を聞きたい、勉強の相談をしたい、体験授業を受けたいという方はこちらをどうぞ。

お問い合わせ

お電話

080-1165-8666
(タップすると電話がかかります)

対応可能時間

  • 平日 10:00〜16:00、21:30〜22:00
  • 土日 10:00〜20:00

LINE

館山市の学習塾SLLへLINEで連絡

24時間メッセージOK(音がならない設定にしています)

フォーム

この記事を書いた人

学習塾業界12年の教育の専門家。千葉県館山市でハイレベル層に向けた学習塾を運営。生徒の90%以上が安房高校以上に進学。4児の子育て中。
【経歴】安房高校→慶應義塾大学経済学部→リクルート→ランゲージ・ラボラトリー。
プロフィール詳細> 塾の詳細>

目次