塾の公式サイトはコチラ

【千葉県高校入試の平均点】令和2年

今日は千葉県公立高校入試の平均点を振り返って行きたいです。

千葉県公立高校入試 前期平均点

過去5年の平均点はこちら。

直近の令和2年の平均点は261.6点でした。

結構難しい試験でした。

年度によって平均点は結構差がでます。

330点とっても不合格。

280点でも合格。

同じ安房高校前期の試験でもこれだけ差がでます。

試験の難易度次第ですね。

千葉県公立高校入試 後期の平均点

こんな感じでした。

ただ令和3年には、前期後期がなくなり一発勝負になります。

過去問をやるときには点数を見るんじゃない

平均点よりも何点とれたか、とれなかったかを見てください。

安房高の合格ライン

安房高は偏差値57なので、平均点×1.1ぐらいが合格ラインだと思ってください。

例えば平均点が260点ならば、260点×1.1=286点ぐらいが合格ラインだと思ってください。

得点分布

普通はこういうなだらかな山になります。

頂点は1個だけになります。

 

ただ英語は頂点が2つあります。

これは何を示しているかというと、勝ち組と負け組に二極化しているということ。

英語ができないとヤバイ

大学入試を参考に見てみます。

ここまでは文系です。以下は理系。

まとめると、以下のとおりです。

ねっ、英語できないとヤバイでしょ?

問題ごとの正答率

実というのは敵の備えがしっかりされているところ。

虚というのは敵の備えがされていないところ。

受験も同じです。

攻めやすいところを攻め、攻めにくいところはムリをしない。

記事が役にたったらシェアお願いします!

LINEでお気軽にご質問・ご相談ください(無料

勉強のご相談があれば無料でお答えします。

blogでは言えない話を書いた無料のメルマガはこちら。

ABOUT US

小池哲平
千葉県の白浜町出身。安房高校→慶應義塾大学(経済)→リクルート→SLL。 高校時代学年でブービーから慶応大学に合格した勉強の仕方を伝授。だらしない僕にもできた勉強方法。誰にでもできるように高い再現性を持ったメソッドをみなさんに広めたいと思います。

プロフィール詳細> 塾の詳細>