千葉県高校入試は前期・後期が廃止【2021年度から1回入試に!】

こんにちは、館山市の学習塾SLLの小池です。

「もう前期・後期はなくなるんですよね?」

そんな話題がたびたび出てくるので、記事にしておきます。

2021年度から、1回入試になることが確定!(2019年現在の中2から)

5教科の試験が、2日に分かれる

千葉県高校入試の時間割

初日:国語、数学、英語

英語は60分に!国語、数学は50分

2日目:理科、社会、学校ごとの検査(面接など)

学校ごとの検査は、以下のいずれか。学校によって異なります。

  • 面接
  • 集団討論
  • 自己表現
  • 作文
  • 小論文
  • 適性検査
  • 学校独自問題

高校入試の問題傾向が変わる【英語は50分⇒60分へ】

英語が60分!過去問が役に立たなくなる?

英語の試験が、60分に伸びます。(現行は50分。)

なので、英語の試験は基本的には変化があるはずです。

応用が効く人は問題ないのですが、応用が効かない、柔軟性がないタイプはドキドキしますね。

応用力をつけるには基礎を深く理解すること

  • 基礎をバカにせず、深く理解していること。
  • たくさんの問題パターンに対応できるように練習しておくこと。
  • 過去問で出た点数より、若干低めに自分の点数を見積もっておくこと。

変化の予想される2021年度の問題には、そんな対策が必要かと思います。

前期・後期廃止で入試対策は変わる?【メンタル的にはあまりかわりません】

メンタル的には、あまり変わりません。

「前期・後期2回あるから、前期はチャレンジして、後期は現実的なところに…」

そう考えがちなんですけど、前期は定員の上位60%しか受かりません。

安房高を例に上げると、240名が定員ですが、前期でとるのは144名。

チャレンジ受験の人は合格最低点ギリギリで受かる人たちなので、前期でチャレンジしても受からないですよ。

チャレンジは後期でしないと。

「試験が2回ある方がプレッシャーが少ない。」

いや、関係ないです。だって実質1回勝負ですから。

上に書いたように、ギリギリ受かるレベルの高校に挑戦する生徒たちにとって、前期でうかることは99%ありません。なので、元々後期1発勝負なんですよね。

プレッシャーはかかります。

試験慣れするなら、

  • 模試の活用(当塾なら毎週やってる土曜模試
  • 私立高校でいくつか併願校を受験しておく

という方法があります。

お問い合わせ

当塾へのご質問・ご相談、お気軽にどうぞ。

LINE 24時間受付

ショートメール 24時間受付

電話 平日10-16時、土日10-20時に受付