【中学生の子育てに悩むみなさんへ】島田紳助に学ぶ「子育て方法」

こんにちは、館山市の学習塾SLLの小池です。

 

中学生の子供の子育てが辛い。

子供が勉強をしない。

そんな悩みをもつ方は多いと思います。

実際に、当塾にもたくさんご相談をいただきます。

 

そんな悩みをもつ皆さんに、ぜひ見ていただきたいのがこの動画です。

島田紳助さんの言葉、本質をついていますよね。

そうそう。

思わず、そう唸ることが多い。

 

僕の失敗談 子供を野球好きにさせたかったが…

子供は押しつけたもの、みんな嫌いになる。

ほんとそのとおりです。

 

僕は野球が好きなので、子供とキャッチボールするのが夢でした。

5歳の子供にグローブ買って、キャッチボールやろうやろうと言うと

「え〜、やだー。」

 

少年野球の体験に連れて行くと、「えー、やりたくない〜。」

 

そうなっちゃいますよね 笑

僕は子供を野球好きにすることに完全に失敗しました。

 

マンガ好き大作戦

子供をマンガ好きにさせて、

  • 読解力を身につける
  • 心を育てる

そんな目論見がありました。

長男が4歳のときに、漫画好きにさせる大作戦が始まりました。

当時、大好きだったスプラトゥーンのゲーム。

「スプラトゥーンのマンガがあるけど読む?」

「うーん。読んでみようかな。」

で、Amazonで注文して、翌日届く。

パラパラって見て「おもしろくなーい」

 

「いいから、読むんだ。だんだんおもしろくなるから。」といいたい気持ちをグッとこらえて、僕は自分のマンガを読み始めます。

長男将太の前でマンガを読みます。

 

意図的にやっていたわけではなく、僕はマンガが好きなので、

「パパはいつもマンガ読んでるね。」

と。言われることも。

 

「そんなにおもしろいの?」

「おもしろいよ。」

「ふーん。」

 

最初にスプラトゥーンのマンガを買ってから半年後、将太がマンガを読みながらギャハギャハ笑っている姿が。

スプラトゥーンのマンガを読んでいるときにはものすごい集中力。

そこから、

  • イナズマイレブン(サッカーをやっているので)
  • 妖怪ウォッチ(Amazonプライムで見ていた)
  • ドラゴンボール(こちらもAmazonプライムで見ていた)

と読んでいます。

マンガのおかげで、文字を読むスピードが上がって、普通の書籍もけっこう高速に読めます。

クラスで一番本を読んでいるみたいです。(読書カード?読んだ本の題名を記録するものがあるらしいです。)

 

今後は、歴史マンガ、偉人のマンガなどを、勉強っぽいものも本棚にしこんでおいて、勝手に手にとるのを待ちます。

勉強にダイレクトにつながっていきます。

子供に○○をやらせるには…

  • さり気なくおいておく
  • 大人が楽しそうにやっている姿を見せる

っていうのがポイントなんでしょう。

 

ちなみに野球好きにする話ですが、子供はまったく誘わずに妻とキャッチボールをしています。

すると「俺もやりたいー!」

内心、しめしめと思いながらも「やだ。だって将太とやってもおもしろくないもん。」

「やだー!やりたいー!!」

「しょうがないな。ちょっとだけだよ。」

と言って、キャッチボールしています 笑

現在は、結構野球好きです。

お問い合わせ

以下↓の問い合わせ手段もあります。

LINE
24時間受付

ショートメール
24時間受付

電話
平日10-16時、土日10-20時に受付