小1の子どもに、金融教育をしてみた話

こんにちは、館山市の学習塾ランゲージ・ラボラトリー 小池哲平です。

お金の勉強をしたい。小学生・中学生のころ、そう思っていました。

それは両親がお金のことで苦労をしているように感じたから。そして、リクルートで転職市場にいると、転職理由の第一位に年収が来ているのを見て、やっぱりお金は大事なんだなと感じました。

当塾では、小中学生がお金を稼ぐ経験をするイベント「リアルお店屋さんごっこ」をしていますが、我が息子もついに「お店屋さんごっこ」に出店!

そして、1.6万円ほど稼ぐことができました!(拍手!)

お店屋さんごっこで、1.6万円稼ぎました!

もともと、お金を稼いでゲームを買いたいと言っていて、ゲームを買いました。(にゃんこ大戦争のSwitch版)

後は、普段お菓子を買ったりするお金として2000円ほど財布に補充。

それでも、1.3万円残りました。このお金をどうする?お金は使っちゃったらなくなるし、貯金箱に入れておいたり、銀行にあずけておいてもそのまま増えはしない。

でも、株を買えば増える(可能性がある)んだよなー。自分が小学生だったら、それやりたいな。

ということで、せっかくなので金融教育をしてみようと思いました。

小1の子どもに、株(投資信託)を教えてみる

小池

投資信託っていって、お金が増える仕組みがあるんだよ。

しょうた(小1)

えー、何それ?すごい!

小池

将太はさ、YouTubeとかみるでしょ?将太のお金をYouTubeに預けるんだ。

で、YouTubeが将太とかいろんな人から集めたお金をつかって、新しいサービスを作ったり、もっとおもしろいことをしようとする。

もっとたくさんの人がYouTubeを見るようになると、YouTubeはもっと儲かるようになる。

しょうた(小1)

うん、ヒカキンさんとか、おもしろいしね。ブンブン、ハローYouTube!

小池

そうそう。

それで、YouTubeがもうけたお金の一部を将太にかえしてくれる。だいたい5%ぐらいかなー?

しょうた(小1)

5%って?

小池

うーん。1万円だったら500円。毎年何もしなくても、500円ずつ増えてく。

(※本当は百分率の話をもう少し詳しくしました。)

しょうた(小1)

やば!

小池

でも、うまく儲からないときもある。そのときは、将太のあずけたお金が減っちゃうこともある。

しょうた(小1)

そうなんだ。

小池

お父さんがだいたいこんな感じ。(自分の証券会社の口座の年別の成績をみせて)

減ってる年もあるし、増えてる年もある。平均的にはだいたいこれぐらい。

しょうた(小1)

へー、すごいじゃん。

小池

あと、YouTubeは例としてあげたんだけど、Googleとか、アマゾンとか、iPhoneの会社とか、いろんなとこにちょっとずつ将太のお金を使ってもらう。

それで、いろんなビジネスをしてもらって、儲けてもらう。

しょうた(小1)

うんうん。

小池

かならず増えるわけじゃないんだけど、勉強としておもしろいと思うよ。
どうする将太。やってみる?

しょうた(小1)

うん、やってみたい!おもしろそう!

投資信託や株の話は、厳密にいうとちょっと違うのかもしれませんが、小学生に伝わるように「おおまか」に説明しています。

説明のポイント

将太に説明するときに気をつけたことは、

  • お金を寝かしておいても社会的に意味がないから、有効に使ってもらえようにしたほうがいいよ。(だから増えるんだよ。)
  • 減る可能性もあるからね。それは理解しておいてね。

ということでした。

何か楽しそう!素敵なお金の使い方だね!という気持ちになってほしいことと、減っちゃうこともあるけど、それも受け入れようという気持ちを持ってもらいたいです。

未成年口座を開設する

というわけで、証券会社に未成年口座を開いて、将太の名前で運用をすることにしました。

僕は、SBI証券をメインとして使ってきてたのですが、楽天証券をメインにしていきたいと思っています。(クレジットカードで株が買えるので)

将太の口座も楽天証券に作ることにしました。

関連記事

お問い合わせ

以下↓の問い合わせ手段もあります。

LINE
24時間受付

ショートメール
24時間受付

電話
平日10-16時、土日10-20時に受付