【iPadを勉強に使いこなす】最低限練習しておきたいことまとめ

iPadを勉強に使っていて、よく起こるトラブルに対処するためにまとめました。

以下、動画をみながら練習をお願いします。

一気に見れる再生リスト

こちらの再生リストから一気に動画を見ることができます。

動画を再生しながら練習をしてください!

webサイトを開く

Safari(サファリ)を使いこなす

Safariと言うアプリを使ってウェブサイトを開きます。

塾生サイトを開くなどの操作が必要になってきます。

コピー・ペースト

メッセージと言うアプリを使ってリンクを送ることがありますが、リンクをタップするだけで開けない設定になっている人もいます。(ペアレンタルコントロールの影響)

その場合、SafariにURLをコピーペーストをして、サイトを開きます。

フリック入力の設定と練習

文字を打ち込むことがあります。

iPadは最初は、パソコンのキーボードのような形になっていますが、フリック入力に変更した方が使いやすいです。

変更の手順と、その後にフリック入力を練習をする必要があります。

辞書登録をして文字入力を簡単に

たとえばメールアドレスをスマホで打ち込むのってめんどくさい。

住所とか、電話番号なんかも。

そんなめんどくさいものも辞書登録をしておけば簡単。

「メアド」と打ち込むと teppei1024@gmail.com と出てきたり。自分の設定したものが呼び出せます。

設定 > 一般 > キーボード > ユーザ辞書で登録ができます。

スプレッドシートの使い方

スプレッドシートという表計算のアプリをよく使います。

  • 小テストの点数
  • 進み具合

を管理するために使います。

若干、操作が難しいので必ず練習をしてください。

教材の管理ができる

自分のiPadに保存する

教材をiPadに保存して、整理をする方法です。

教材がどこかに行ってしまって教材がどこかと探していて、時間をくってしまう。

もったいないですよね。

慣れれば簡単ですし、他のことにも応用できる範囲の広いものです。練習をしてください。

 

お問い合わせ

以下↓の問い合わせ手段もあります。

LINE
24時間受付

ショートメール
24時間受付

電話
平日10-16時、土日10-20時に受付

ABOUT US

千葉県の白浜町出身。安房高校→慶應義塾大学(経済)→リクルート→SLL。 高校時代学年でブービーから慶応大学に合格した勉強の仕方を伝授。だらしない僕にもできた勉強方法。誰にでもできるように高い再現性を持ったメソッドをみなさんに広めたいと思います。

プロフィール詳細> 塾の詳細>