論理パズルで地頭を鍛える【夏休み講座】

論理パズル、迷路などを使って地頭を鍛える夏休み講座です。

知識は調べて活用する時代へ。

論理的に物事を考え、自分なりの解をみちびく。

そんな力が要求されます。

今の勉強だって、ほとんどマニュアルが用意されていて、

それを読み解いて理解できるかどうか。

教室の雰囲気、LINEスタンプ作り講座より

扱う問題の例

①論理パズル

まさに試行錯誤。トライ&エラー。

ゲーム感覚で没頭します。

②フラッシュ暗記

プロジェクターに写して、一斉にやります。映像と音で盛り上がります。ゲーム形式です。

③論理めいろ

あーでもない、こーでもないと試行錯誤(トライ&エラー)をくりかえします。

問題にとりくむタフさが身につきます。

けっきょく地頭のよさ

幼稚園の頃から週2でガッツリ英語を勉強してきた。でも中学から始めた頭のいいAさんにあっという間に抜き去られた(だいたい中2の後半)。そんな事例をたくさんみてきています。

  • 論理的思考力
  • 粘り強さ
  • 工夫
  • 集中力
  • 好奇心

そんな勉強のベースとなる力を総称して地頭といいますが、地頭の良さで勝負がついているように思えます。

地頭の良さを鍛える取り組みが重要だと思います。

もちろん英語は一例。数学も、国語も、英語も、理科も、社会も地頭の良さがかなり影響をしています。

詳細

  • 日時:7/26(月)〜29(木) いずれも9:30-10:30 ※全日程参加できない場合、単発での参加も可能。按分して費用を計算します。
  • あつかうもの:論理パズル、論理迷路、論理読解、フラッシュ暗記など
  • 目的:あらゆる教科の土台となる地頭のよさを鍛えます。
  • 対象:小3〜小6
  • 費用:6,248円(税込み)

パズルの難易度は、小学生初級から、大人が解いてもなかなかとけないものまであります。

IT活用と地頭

当塾では、3年前からiPadを導入して、授業で使っています。

小さい頃からスマホを与えられ、スマホ歴3年の中1Aさんと、家庭の方針でIT機器にほぼふれずにアナログに生きてきた自称「機械オンチ」Bさん(同じく中1/ただし地頭がいい)が、同時にiPadを使い始めたらどうなるでしょう?

数ヶ月で圧倒的にBさんの方が使いこなすんですね。

Aさんは、わからないことがあるとiPadの画面を連打します。

「せんせー、これどういうこと?」

でてくる注意書きを一切読み解こうとせずにとにかく連打 w

一方、Bさんは画面をタップしてもうまくいかないと、 タップしてもダメなんだ。別の方法を探そうと切り替えます。

注意書きが出ていることに気が付き、読みます。

そしてそのとおりにやってみます。

IT機器も早くから与えていれば使いこなすわけじゃないんだ。

でてくる文章を読む、タップしてもダメだから違う方法を考えようと切り替える。

これって結局地頭だよな。そんな気づきを与えてくれました。

LINEでお気軽にご質問・ご相談ください(無料

勉強のご相談があれば無料でお答えします。

blogでは言えない話を書いた無料のLINEメルマガはこちら。

電話でお問い合わせ

080-1165-8666

タップすると電話がかかります。お気軽にお電話ください。小池につながります。