館山市・南房総エリアの高校受験情報【まとめ】

館山市・南房総エリアの受験情報をまとめます。まず受験の基礎知識を整理します。

高校受験の基礎知識を整理

高校ってどうやって選べばいいの?説明会に行きまくって雰囲気の良さそうなところ?看護師になりたいから○○高校?面倒見がいいって聞くから○○高校?まず高校受験の基礎知識を学びましょう。

安房高校

偏差値58。南房総におけるNo.1の公立高校。進学も就職も南房総エリアならトップ。少子化により、だいぶ入りやすくなったが、相変わらず指定校推薦枠は健在なので、安房高に進み大学受験を指定校推薦で突破するのは一つのお得なルート。

安房地域のNo.1高校。

木更津高専

偏差値63。大学のような自由な雰囲気で、自分の興味のあることを深堀りできる環境(理系)。一度文化祭に行ってみることをおすすめします。

IT、テクノロジーに注目が集まる昨今。人気がますます上がっている理系の学校、木更津高専。

当塾はIT、テクノロジーを積極利用している塾だからか、割と木更津高専狙いの生徒も多いです。2017年度には、20名中3名が木更津高専に合格し、進学しました。2019年度はなんと21名中5名が木更津高専を志望。

木更津高専の試験の仕組みを理解して、中1から意識しておくことがあります。

木更津高校

偏差値65。南房総、館山エリアから通学できる範囲でNo.1の高校。館山中なら、学年10位以内が合格目安。確認テストでは400点以上。自由で楽しい校風。遊ぶときはとことん遊び、勉強するときはとことんやる。そんなメリハリのついた高校。尊敬できる同級生にきっと出会える。

詳細:木更津高校の情報

翔凜高校

英語教育に力を入れている、塾を経営している会社が運営する高校。翔凜高校。私立文系大学に強い印象。(英語の配点が高いので。)

志学館高校

公式が発している受験情報はもちろん参考になる。
でも、本音の部分や選び方を教えてくれるわけではない。
それは、自分の高校のPRをして、たくさんの受験生に来てもらうことが魅力だから。

なので、塾という第三者の立場で高校の良い点、悪い点を整理して、みなさんの参考にしていただこうと思って発信をしています。