数学でミスる人とミスらない人の違いは何?

中学の数学は簡単。(高校に比べればね。)

わからなくて間違えることはそんなにない。ほとんどミスで間違える。

→数学は、ミスを防ぐゲーム。

じゃあ、ミスを防ぐにはどうしたらいい?

ほとんどの人が見直すっていいます。

見直すのって大事。でもめんどくさくない?

実際、見直さないでしょ?

そして、見直しても間違いに気がつくことってそんなにないでしょ?

気がついても、答えかえたら間違えっちゃったりすることもある。

だから見直すのってそれほど効果はない。

ではどうしたらいいか?

  1. 途中式を丁寧に書く。
  2. 図に書き込む

これをしっかりやってください。

例えば、このプリントを見てください。

三中で学年1位にもなったことのある頭のいい子がといたプリントです。

プライバシーに配慮して、伏せ字にしますが Kくんのといたプリントです。

一方、こちらはRさんの解いたプリントです。

Rさんも、中学は違いますが学年1位になっています。(何度か)

2人とも、能力は差がないと思います。

でも、このプリントの結果はKくんは80点、Rさんは100点でした。

テストの振り返りをすると、「○○がミスって」という反省の多いこと多いこと。

ミスをいかに無くすかは、どんな科目でも重要です。

完全にミスをなくせたとしたら、5教科で20点ぐらい点数をあげることはできるんじゃないですか?人によっては。

というわけで、ミスを防ぐには

  1. 途中式を書く
  2. 図に全部情報を書き込んで、図をみて考える

というお話でした。

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

無料体験、個別説明会こちら

当塾の説明を聞きたい、勉強の相談をしたい、体験授業を受けたいという方はこちらをどうぞ。

お問い合わせ

タップすると起動します。
お気軽にどうぞ!(担当:小池)

目次