指導方針

後伸びするように。本質的力を。焦って小手先のテクニックに走らない。

基本は読解力。本好き、読書好きに。

本を読める子は、勝手に自分で成長していきます。

中学生の勉強は、教科書が読めれば400点は取れるようになっています。しかし、多くの子が教科書を読むことができず、ただ上辺だけ文字を読んでいて、内容を理解していなかったりします。

百獣の王「武井壮さん」は成績がよかったことでも有名です。お母さんをなくし、父はもう一つ家庭を作りそちらへ行ってしまった。

お金がなかったので、中学に通い続けるには特待生を取り続けるしかなかった。そこで武井壮さんがしたことは、教科書を学期が始まる前に読んだことでした。

読書力、読解力が身についていれば、勉強は自然とできるようになります。

館山市の学習塾SLLの本棚2

おもわず読みたくなるような本を並べる。そして、なんかカッコよく飾られているので、本ってかっこいい。読書する人ってかっこいいというイメージを想起させたい。

努力が癖になるマインドを。

なんか努力していないと焦っちゃう。練習してできなかったことが、どんどんとできるようになることが楽しい。成功者ってそんなマインド(心持ち)を持っているように感じます。

なにかを我慢してストイックに。努力っていうのは無理をすること。そうとうな意志力がないときびしい。そう考えていませんか?

いや、そうでもないんですよ。努力をすることって。

例えば、平日4時間、土日に8時間勉強するのって大変そうじゃないですか?今まで、そんな努力をしたことのない中学生にできると思いますか?

意外とできるんです。

崖っぷちプロジェクト中

中3生の崖っぷちプロジェクト中。平日4時間、土日8時間の自習をこなす。意外と楽。楽しい。帰ったら遊べるのがいい。と大好評。家でも勉強するようになった、と大いなる変化が感じられます。

そして、やってみると「楽しい。」「楽。」「もっと早くやっておけばよかった。」そんな声があふれます。

努力にはコツがあるってことなんですね。

努力が癖になる当塾のプログラムは以下の3つ。

  • 定期自習(中1、中2の週1、2時間15分の自習タイム)
  • LAST10(定期テストの追い込み自習。平日4時間、休日8時間。)
  • 崖っぷちプロジェクト(中3で志望校に点数が足りていない人たち向けの自習プログラム)

考えるのが楽しい。工夫が楽しい。

 

変化に強く、新しいものを、好奇心を持って受け入れられるように。

スマホが登場して、世の中が大きくかわりましたね。みんなが簡単にネットにつながる時代。ますます便利に!と楽しみでしかありません。

しかし、そんな中、スマホ、ネットに否定的な人がいるのも事実。「私には無理。」と はな から決めつけてしまって、たとえ非効率・非合理であっても自分の慣れたやりかたを押し通そうとする。

これからますます変化が激しくなると想像したときに、そんな態度を子どもたちがとっていたら不安ですよね。(すでに、やったことないものにまず否定から入る小学生。たくさんいます。)

子供だから、新しいものに強い。変化に強いわけじゃないんだと感じています。逆に大人だからもうついていけない。新しいものはムリ、なわけでもないんです。「勉強したくない。めんどくさい。」を正当化しようとしているだけじゃないですか?

新しいものに触れたときに「習ってないからムリ。」「なにそれー?おもしろそう!」という態度。お子さんにどちらになってほしいですか?

中学生がキーノートを使ってプレゼンテーションをしている様子

Keynoteを使ってプレゼンしてみました。「先生、プレゼンしてみたいんですけど。」そんな中2女子の声からスタート。「Keynoteっていうアプリがあってね。」Keynoteを紹介して、その場で少し触ってみる。そのときに中2の反応は真っ二つ。「なにこれ意味わかんなーい。(もう触ろうとしない。)」「へー、すごーい!(自分たちで調べてスライド作ろうとする。)」

お問い合わせ

以下↓の問い合わせ手段もあります。

LINE
24時間受付

ショートメール
24時間受付

電話
平日10-16時、土日10-20時に受付