塾長に直接教えてもらえる

良き先生との出会いがあなたを変える

あなたの人生を変えた先生はいますか?僕にはいます。

小学校5、6年の担任だった鈴木敬子先生。中1〜高3の塾の先生、山口恵子先生。代ゼミの富田先生、西谷先生、笹井先生。これらの先生が、僕の人生を大きく変えてくれました。

楽しく生きる自信をもらった小5・6年の担任の先生

敬子先生には、自信をもらいました。スポーツ、勉強、人との接し方。楽しく生きるコツを教えてもらいました。

田舎に都会の風を感じさせてくれた塾の先生

山口恵子先生には、新しい考え方・新しい働き方・新しい生き方を教えてもらいました。田舎で過ごした僕にとって、早稲田卒、アパレルメーカーで広報をされていた若い恵子先生は何もかもが新鮮でした。田舎の狭い枠にはまり込んでいた僕に、新しい考え方を教わりました。

圧倒的熱量で、本気で働く大人と向き合えた代ゼミの先生

富田先生、笹井先生、西谷先生には、同じ科目でも、こんなとらえ方があるんだ!と驚かされました。

基礎を深くほりさげて応用をきかす富田先生の授業。はじめての授業ではたったの3行しか解説が進まない。基礎を徹底的に掘り下げて掘り下げて、中学生の英語で習うような内容を深掘りして解説をしていきます。これが後々すごく効いてきて、基礎的な知識を使って難問を解いていく。英語はとにかくたくさん暗記をする科目と思っていたので、衝撃的でした!(SVOCMと分類して構文解釈をすることに)

板書のスピードや話すスピードも速くて、最初はついていけなくてびっくり。でもそのスピード感に慣れるともう他の授業は受けられません。(富田先生は実力派の英語の講師。当時の代ゼミ英語 No.1の先生で、東大英語クラスなどを多く持っていました。)

魂を揺さぶられる

笹井先生、西谷先生も衝撃を受けました。当時は授業の内容がすごいなぁとか、言葉の重みがあるなぁと何なんだかよくわからないのに、すごいすごいと感じていました。でも今になって謎が解けました。本気で働いている大人とぶつかった感じがしたんです。一生懸命授業をやっている。命を削って働いているような感じがしていて、大人がまるで高校球児かのように全力を尽くして授業しているような、凄みを感じました。

そこに当時浪人生だった僕は何か感じるものがありました。授業を受けた後は興奮気味で、何かをやってやるという気分で満ち溢ふれることもありました。

このように良い先生との出会いには人の人生を変える力があります。そんな良い先生に教わりたいものですね。

小池はいい先生なのか?

正直に言って、僕がそのような先生なのかどうかはわかりません。ある人にとってはそうみたいですし、ある人にとってはそうではなさそうです。

卒塾して何年か経った後に愛に来て、就職活動の相談を受けたり、授業の後に先生の話した内容を家で家族にも事細かく話していますなんて報告をいただくこともあります。(いやー、ありがたい話です。)

塾を卒業した後にはMacBookを買ってAirPodsをつけて、すっかり小池スタイルになる高校生もいます 笑

人生を塾にそそごうと決めています

起きている時間はほとんど全てを塾に捧げようと思って生活をしています。なので朝起きると、独自の教材を作ったり、本を読んだり、その内容をウェブサイトにアウトプットしたりして、準備をしています。授業は4時から9時半なのですが、そのための準備が朝の9時から、夕方の4時まで。休憩もするので、6時間ぐらいでしょうか。授業に向けた準備をしています。

よく塾業界の他の先生とお話をすると、午前中にやることがない。暇。なんてことを言っている声を聞くのですが。とんでもない。やりたいことがたくさんあっていつもやり切れなくて困っている状態です。

正直な気持ちを言うと、掛け持ちをしている先生や、アルバイトの先生。全時間を注ぎ込んでいる僕からすると、そういった先生には負けたくないなと言う気持ちがあります。

本気で生きているつもりで、本気で仕事をしているつもりです。そんな熱を直接生徒で感じてもらえたらなと思います!

塾長小池哲平の自己紹介

お問い合わせ

以下↓の問い合わせ手段もあります。

LINE
24時間受付

ショートメール
24時間受付

電話
平日10-16時、土日10-20時に受付

ABOUT US

小池哲平
千葉県の白浜町出身。安房高校→慶應義塾大学(経済)→リクルート→SLL。 高校時代学年でブービーから慶応大学に合格した勉強の仕方を伝授。だらしない僕にもできた勉強方法。誰にでもできるように高い再現性を持ったメソッドをみなさんに広めたいと思います。

プロフィール詳細> 塾の詳細>