当塾の授業の内容【論理的、本質的、視覚的な解説】

論理的な解説

事例:地理の解説

これは中1で習いますが、ちょっと体験授業としてやってみましょう。考えてみて下さい。

考えましたか?

では解説です。

図の通り、モンスーンが中国南部をとおります。

モンスーン=季節風ですけど、6月ごろに南から、湿り気を含んだ空気が北上するんですね。だから雨がめっちゃふる!

日本の梅雨もモンスーンの影響なんですよ!

なので、まず1番は水が必要な農業。

米(稲作)ですね!

年間降水量が1000ml以上ないと、稲作はできません。

では、②はどうでしょうか?

①ほど雨はふらないけど、沿岸部なのでそこそこ雨はふる。

だから、②は小麦なんですね。

小麦は稲作ほど水を必要としません。また冷涼な気候がむいています。

日本でいうと小麦はどこでつくってます?

そう北海道!

パン作りとかして、小麦をネットでかったことがあるんですけど、ほとんど北海道産なんですよ。世界的にはフランスが有名。フランスパンですね。小麦はパンづくりの材料になりますよね。

では③はどうでしょうか?一番雨がふりません。

そう、だから牧畜ですね。雨がふらなくて、水が少ないエリアではたいてい牧畜をしています。北アメリカとかもそうですよね。

当塾の授業の優位点

  • ハイレベル層の満足する論理的で本質的な解説(降水量と農業のつながり。縦のつながり。)
  • イメージ喚起するビジュアルを使った視覚的な解説(図、写真のフル活用。パワーポイントにアニメーションをつけ、さらに手書きで書き込みを加えながら解説をしています)
  • ハイレベル層の満足する横のつながりを意識した解説(アジアだけでなくアメリカなど他地域の知識とつながる。シンプルに全体を理解できる。また温度と水蒸気量のつながり→理科など他科目とのつながりへの展開もレベルに応じて。)

こういう授業をおもしろい!すごい!と思える方に来ていただきたいです。

小池てっぺい

授業用のパワーポイントを作り込むのに、かなりの時間をかけています。
4時間かけて作ったパワポを授業では10分で消化するという感じ。
ちなみに、PCはメチャクチャ得意で、ショートカットを駆使してMAXスピードで作って4時間かかる資料なんです。
専業で学習塾を行っている、小・中学生に絞っている、授業のクオリティにこだわっているからこそです。

当塾の授業を受けている人たちはどのような結果を出しているか↓