授業の受け方【授業は目で聞く】

授業は目で聞く

「この子頭いいだろうなー」
1回授業をすれば何となくわかる。

テストの順位が出ていなくても、
点数が出ていなくてもわかる。

「この子は苦労するだろうな。」
これもなんとなくわかる。

その違いって何だと思う?

目で聞くことができているかどうかである。

集団の中でも、まるで自分だけに向かって話をされているかのように。
「うんうん」とうなづきながら聞く。

「へー」
「ほー」
「なるほど」
「だから〇〇はこうだったんだ」

1対1で会話をしているかのように話を聞く。

そんな姿を見ると、
この子は勉強ができるんだろうなと感じる。

今の中学生。うちの塾で目で話を聞く子。

思いうかべると、

  • 学年1位
  • 学年1位
  • 学年3位
  • 学年4位

みんなめちゃくちゃできる。

学年75位…あれ?意外だな、
と思っていたら30位まで上がってきた。

目で聞く子は伸びる。

授業のとき、前で生徒に向かって話す先生の目線になって欲しい。
生徒たちの顔、様子がよく見える。

目で聞く子はだいたい1/3ぐらい。

ウチの塾は比較的勉強ができる子が集まっている。
でもそんなもんだ。

伸びない子は下をみている
情報が耳からしか入ってこない。
目+耳で情報を取っている子とは勝負にならない。

親はわが子に伝える。
「先生の話をよく聞いて」と。
誰もが小1になるとき、我が子に言ったことがあるだろう。

でももう一歩いきたい。
「話は目で聞くんだよ」と。

そして、普段から態度で示したい。
子供が話しているときに、子どもの目を見て、
ふんふん。なるほど。へー。
で、どうなったの?そうなんだー、それは辛かったね-。

目で聞くことをマスターすれば、
吸収力が段違い。

それだけで上位3分の1にいける。

学力だけじゃない。人生が豊かになる。

聞き上手はモテる。

異性からも同性からも。

「ねえねえ、〇〇ちゃん、聞いて」

いつもその人に話をしたくて、
人が集まる。

話を目で聞く。

お子さんに身に着けさせてほしい。

結果の出る勉強法を身に着けたい!

効率のいい勉強法・勉強が楽しくなる方法を知りたくありませんか?ノウハウを知るだけでなく、実際に実践する場所。その考え方に基づいた教材を使って実践していく。実際に勉強している様子をプロに見てもらってアドバイスをもらう。当塾では実際に中学生が爆伸びしている勉強法を身につけることが可能です。

この記事を書いた人

小池てっぺい先生のアバター 小池てっぺい先生 ランゲージ・ラボラトリー塾長

白浜中→安房高校→慶応経済→リクルート→ランゲージ・ラボラトリー塾長。
効率的に勉強する方法や、努力を継続する方法を編み出し実践。高校で学年ブービーから、予備校トップ講師の授業をうけ、早稲田・慶応・上智に逆転合格。トップ講師の授業を中学生向けにアレンジして提供。館山市でも学年トップクラスを多数輩出。

目次