高卒就職で気をつけること

出典:リクルートワークス研究所

一人一社体制。多くの都道府県でこの制度が続いている。学校と企業が申し合わせて、最初に応募できる企業を1社に制限するもの。その結果、高校生の就職活動では、複数の会社から比較することなく、最初に紹介を受けた会社に就職する。キャリア選択は自分が複数の候補から選ぶことで納得感がますはずだがその機会がない。

目次

低い就職の満足度

4人に1人が「0点」

出典:リクルートワークス

職場に雑談できる相手がいない。一番近い年齢て41歳。

研修がなく初日から現場。会社から雑に扱われていると感じた。

名前ではなく技能さんと呼ばれる。大卒の人は名前で呼ばれる。

高い離職率

9人に1人が半年以内に離職。3年以内は4割。

ちなみに大卒だと1年以内離職は11%、3年離職率は31%(厚生労働省 平成30年)だそう。

大卒に比べ生き生きと働けていない

大卒と高卒の就業者に取ったアンケートですが、大卒に比べ高卒の就業者が生き生き働けていないことがわかります。自分にしかできない仕事をしている。自分の仕事が新聞に載る。お客さんから感謝される。そんなやりがいを感じる機会というのは様々あると思うのですが、高卒就業者は、そんな生き生きと働いている人が少ないそう。

大卒に比べて、教育訓練機会が少ない

会社に入るといろいろな研修がありました。ビジネスマナーの研修。インタビューして情報を整理する研修。顧客へのサービスを学ぶために一流店にご飯を食べに行き、レポートを書く研修なんてものもありました。学校で給料をもらいながら勉強をできる。会社員って素晴らしいですよね。

ところがそれは一部の大手企業、優良企業だけの話みたいですね。いきなり労働をさせられて、学びがない。労働をしながらも、先輩に学ぶOJT(On the Job Training オン ザ ジョブ トレーニング)も一般的だと思っていましたが、高卒就職だとそういう機会がないケースも多いみたいです。

離職率の高い業種

出典:NECソリューションイノベータ

離職率の高い業種は宿泊、飲食、生活関連サービス、教育も入ってますね(教育業界にいる僕としてはよくわかります)。塾に関していえば、長い拘束時間、夜、土日の出勤という条件であり、教室長など役職についている方でも300万円代。大手でも400万円代と、低賃金なところが多いです。

社会人経験が10年以上ある大人なら、まあそうだよね。と納得のランキングだと思います。

高卒就職で気をつけること

大卒は就職の際に情報収集→自分にあった職業は何なのか考えることをかなり時間と労力をかけて行います。

具体的には

  • OB訪問(10人ぐらい)
  • 説明会(40回ぐらい)
  • 先輩同級生からの情報(日常的にサークル・バイト先などで)
  • インターン(自分は5社いきました。数ヶ月のものも)

それだけのプロセスを経て、決めるのである程度、情報も選球眼もあるわけです。

ところが高卒就職組は先生の言われるがまま、親の言われるがままでほぼ自分で考えずに、直接見ずに、手間をかけないで選択しがちかと思います。

すると上記のような結果になるのも自然です。時間と労力をかけて、企業を選ぶという意識をもつといいのではないかと思います。

当塾では「働くっなんだろう?」と当事者意識をもつためにリアルお店屋さんごっこというイベントを行っています。

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

無料体験、個別説明会こちら

当塾の説明を聞きたい、勉強の相談をしたい、体験授業を受けたいという方はこちらをどうぞ。

お問い合わせ

お電話

080-1165-8666
(タップすると電話がかかります)

対応可能時間

  • 平日 10:00〜16:00
  • 土日 10:00〜18:00

LINE

館山市の学習塾SLLへLINEで連絡

24時間メッセージOK

フォーム

この記事を書いた人

学習塾業界12年の教育の専門家。千葉県館山市でハイレベル層に向けた学習塾を運営。生徒の90%以上が安房高校以上に進学。4児の子育て中。
【経歴】安房高校→慶應義塾大学経済学部→リクルート→ランゲージ・ラボラトリー。
プロフィール詳細> 塾の詳細>

目次