中学生の平均勉強時間は90分。毎日90分勉強するには?

18:30に家に帰ってきて、22:30に寝る。

自宅での持ち時間は4時間。この時間の使い方が勝敗を分ける。

ご飯食べて風呂に入ってウンコする時間を差し引くと自由時間は2時間半

ほとんどの子はスマホをいじくり、 ださないと怒られる宿題だけ最低限20分やる。

そんな生活をしていると予想されます。

目次

中学生の平均勉強時間は90分

勉強時間

20分しか勉強していない人が90分勉強してる人に勝てるわけがない

「勉強の仕方がー」

「やる気スイッチがー」

よく言われますが、勉強の仕方の問題でも、やる気スイッチの問題でもありません。

いかに勉強時間を確保するかという問題です。

【問題】時間がない

なんで勉強時間がなくなるのかというと、よくあるケースとしてはスマホやiPadで時間を溶かすからです。

自分の意思でスマホやiPadの誘惑をコントロールするのは不可能。

この本を読む限り、子どもたちが自分の意思でスマホの誘惑をコントロールするのは不可能。(みなさんも薄々気がついていませんか?)

YouTubeやTikTokの関連動画の波状攻撃…。

ソシャゲの定期的なイベント開催…。

インスタ、ツイッターのいいね、コメント、毎日のみんなの投稿チェック…。

離脱させない仕組み、帰ってこさせる仕組みが巧妙に作られています。中毒にさせる仕組みを研究しまくって、中毒を引き起こします。キリがいいところで辞める?キリがいいところはこないようになっているので、無理です。

とくに未成年は自分をコントロールする前頭葉が未発達。だから、セルフコントロールが下手です。親子でスマホ/iPadとの向き合い方を考えるべきです。

お酒は20才から。それは未成年は自分で酒量をコントロールする力がないから。依存症になりやすいから。体ができてないからだけじゃないんです。

帰宅後の自由時間が2時間半だとすると、90分(1時間半)の勉強時間をひくと、自由時間は1時間のみ。つまり、スマホを使える時間は最大で1時間なはず

だからスクリーンタイムで1時間しかスマホを使えないように制限をかけない限り、90分の勉強時間は確保できないはずなんですよね。

スクリーンタイムを制限しましょう。

スティーブ・ジョブズも

ビル・ゲイツも

フェイスブックのいいねボタンを開発したエンジニアも

IT業界のすごい人たちは、自分の子供たちにはIT機器にふれさせていません。

怖さを知っているから。

「スクリーンタイム、やって見たんですけど、うまく行かないんですよね。」

制限を無視できる設定にしてしまっています。おそらく。

スクリーンタイムの設定(制限を無視できないようにする)

問題2:90分も勉強できる気がしない

やったことない人からすると果てしない長さに感じることでしょう。

でも、塾の時間って135分もありますけど、できますよね?

だから、環境があればできるんですよね。

  • まわりに誘惑がない。
  • みんなが勉強している。
  • 時間が決まっている。

やる気に左右されることなく、ヤルのが当たり前。

これをご家庭でも再現すればいいんです。

  • まわりに誘惑がない。

→スマホは預かる。テレビはつけない。できれば家族みんなが協力する。

  • みんなが勉強している。

→同じ空間で家族が勉強している。本を読んでいるでもいい。教えなくてもいい。ただ勉強している人が同じ空間にいることが大切。

  • 時間が決まっている。

自分の気がのったらやる→やるかやらないかを葛藤している間に、自分の意志力を消耗します。それより、時間が決まっていて、やる気があるないに関わらずやれるほうがいい。

ハミガキだってめんどくさかった。でも今はめんどくさくない。習慣化すればめんどくさくない。習慣化するためには工夫が必要。

また90分勉強するということは、今までよりも勉強しなきゃいけない気がするかもしれません。ところが、そうとも限られません。

毎日勉強することで、かえってトータルの勉強時間が減ることがあります。例えば歯医者。定期検診にいって、定期的にクリーニングしていれば

毎日90分勉強する習慣をつける。

そのために邪魔になっているものを取り除く。

親子で考えてみてください。

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

無料体験、個別説明会こちら

当塾の説明を聞きたい、勉強の相談をしたい、体験授業を受けたいという方はこちらをどうぞ。

お問い合わせ

お電話

080-1165-8666
(タップすると電話がかかります)

対応可能時間

  • 平日 10:00〜16:00
  • 土日 10:00〜18:00

LINE

館山市の学習塾SLLへLINEで連絡

24時間メッセージOK

フォーム

この記事を書いた人

学習塾業界12年の教育の専門家。千葉県館山市でハイレベル層に向けた学習塾を運営。生徒の90%以上が安房高校以上に進学。4児の子育て中。
【経歴】安房高校→慶應義塾大学経済学部→リクルート→ランゲージ・ラボラトリー。
プロフィール詳細> 塾の詳細>

目次