館山市の学習塾SLLの対象となる生徒

対象

  • 中1〜2:先生の話しを聞ける生徒。
  • 中3:安房高か、安房高以上のランクの高校を志望する生徒。

偉そうですみません。ただ、成績がよく上がる相性の良い生徒と、なかなか厳しい生徒がいます。僕自身の努力で、引き出しを増やして対象を広げられるようにがんばります。

参考:偏差値

  • 木更津 65
  • 木更津高専 62
  • 安房(前期) 58
  • 安房(後期) 53

※中3の場合、偏差値53以上の高校を目指す生徒が対象です。

目指す意欲があればOK

現時点での成績はそこまででなくても、安房高以上を目指す意欲があれば大丈夫です。

例年、確認テストで200点代から安房高への下剋上合格が達成されています。

館山市の学習塾SLLと、特に相性がよい生徒

部活を頑張り、引退後は受験に全力を注ぎたいと考えている部活少年、部活少女。

効率的な勉強法や、部活へ熱を勉強に振り向ける方法を学ぶことで、まるで部活のように勉強にハマることができます。

常識にとらわれず斬新なものの見方ができる生徒

僕の伝える勉強法や考え方は、少し奇抜に聞こえるかもしれません。みんながこう言っているから。学校の先生がこういっているから。

自分の 頭で考えずに、たくさんの人が言っているかどうかで判断をする生徒は、僕の話を受け入れることができないことがあるようです。

素直でなんでも試してみようとする生徒

素直さは宝です。僕のアドバイスを実践するまでに時間がかかる人も多いです。確かにそうだけど…。なかなか実践は難しい…。と言っていつまでたっても実践しない。受験で追い込まれてラスト半年でようやく実践。やっと先生の言っていることがわかりました。そんなパターン多いです。

でも、もっと早くやってくれればなぁ、毎年のように思います。

目で話を聞く

小池が話をしているときに、顔を上げて前を見て話を聞く。耳だけで聞いている。それじゃ厳しい。目と耳で聞くからこそ、理解できる。

変化に対応できる

「座らないで勉強しよう。」

「書かないで勉強しよう。」

「通学中にイヤホンして、耳で勉強しよう。」

これまで、そんな話をされたことのない生徒もいます。「でも、座らなければ集中できない。でも、書かないと覚えられない。でも、イヤホンしたら危ない。」「でも・でも・でも・でも」言っている人もいます。

「でも・でも」言っている人は厳しいです。これまでの習慣を維持したいだけだから。

集中力がある

何かに打ち込んできた。物事にハマった経験がある。そんな集中力がある人は伸びます。

時間をムダにしない

塾の問題演習の時間に、問題を早く終える人もいます。そのときに当塾では、「自学ノートや学校のワークをすすめよう」という声がけをします。問題をとき終えて、次の講義がはじまるまでのわずか2分。ここで、ノートを開いて時間をムダにしないのか。2分だから、指をイジイジして過ごすのか。1年間では大きな差になります。

小池の考え方が好き

小池の考え方に共感している生徒は伸びやすいと思います。考え方は好き嫌いなので、ムリヤリ変えることはできません。共感できるかどうかは、webサイトを見たり、体験授業をうけて判断してくださいね。

お問い合わせ

以下↓の問い合わせ手段もあります。

LINE
24時間受付

ショートメール
24時間受付

電話
平日10-16時、土日10-20時に受付