【中学生向け】予定や、持ち物を自分で管理するスマホの使い方

中学生が自分でできるスケジュール管理、タスク管理

みんなの予定を確認すると、

家に帰ってから確認していいですかー?

何のためにスマホがあるんじゃい。

というわけで、スマホはただのゲーム機、LINEツールと化している小中学生に、便利な使い方をおしえてしんぜよう。

予定を管理する

簡単!写真でとる

カレンダーや、写真を使って予定を管理する。

部活の予定はほとんどがプリントで配布されているはず。

なのでプリントをスマホカメラでとり、スマホに入れておく。

カレンダーアプリを使う

コピーすれば入力が簡単

グーグルカレンダーなどカレンダーアプリに入れてもいい。

一個ずついれなくても、コピーできることをしればそれほど手間はかからない。

家族のカレンダーと同期ができる

家族全員で、カレンダーアプリを使えば、家族とも予定を簡単に共有できる。

塾の予定はカレンダーで確認可能

また塾の予定はカレンダーアプリに、ワンタップで簡単コピー可能。

自動的に同期されるので、イチイチwebサイトを開いて確認しなくてもいい。

カレンダーアプリを使いこなせれば自分でスケジュール管理ができるようになる。

めっちゃ便利ですね!

小池てっぺい

こういう日常生活をちょっと便利にするスマホの使い方を広めて行きたい!

やらなきゃいけないこと(タスク)を自分で管理する

スマホが便利なのは、タスク管理。

常に手元にあるので、何をやらなきゃいけないのかをスマホにメモって、忘れることができるのは便利。

写真にとって保存しておく

課題はプリントにまとめられている。

今度の宿題何ページまでだっけ?

毎回、人に聞いて自分で管理してない人がいます。

そんな人はスマホで写真にパシャっととっておけばいい。

リマインダーを使う

やらなきゃいけないことを管理するアプリ「リマインダー」が iPhone には最初から入っています。

毎週火曜の18:30に「ワークを持っていく」と通知させることも可能。

いつも塾にワークを忘れる子は、スマホが「ピーン」となって、画面をみると「ワークを持参」とでてくる。

ワーク持ってかなきゃ・・・

と思い出すことができます。

ゲームの通知ばかり来れば、頭の中がゲームで支配されます。

ところが、通知はこんなふうに使うこともできるんですね。

まとめ

  • スケジュール(予定)
  • タスク(やること)

の管理にスマホは最適。

ゲーム、SNSだけじゃなくて、こんな使い方もできるんですね。

LINEでお気軽にご質問・ご相談ください(無料

勉強のご相談があれば無料でお答えします。

blogでは言えない話を書いた無料のLINEメルマガはこちら。

電話でお問い合わせ

080-1165-8666

タップすると電話がかかります。お気軽にお電話ください。小池につながります。

ABOUT US

小池哲平
千葉県の白浜町出身。安房高校→慶應義塾大学(経済)→リクルート→SLL。 高校時代学年でブービーから慶応大学に合格した勉強の仕方を伝授。だらしない僕にもできた勉強方法。誰にでもできるように高い再現性を持ったメソッドをみなさんに広めたいと思います。

プロフィール詳細> 塾の詳細>