小・中学生の子育て世帯に必須の便利アイテム/教育アイテム

ゲーム系

遊びながら頭の良くなるゲーム。

アルゴ

created by Rinker
学研ステイフル(Gakken Sta:Ful)

相手のカードの番号を当てるゲーム。論理的に数字をつめていく。確率を考えたり、相手の言ったことを覚えておく記憶(ワーキングメモリー)を鍛えるのに最適。

カタカナ―シ

国語力をきたえるゲーム。カタカナ語を使わないで、カタカナ語を説明する。

小3〜大人ぐらいまで楽しめる。

スクリーンタイムを制限する

スクリーンタイム=画面をみている時間。時間泥棒の代表格。うまく制限して、時間を作ろう。

スマートコンセント

◯時になったら電源オン/オフが設定できる。

例えばTVのコンセントをコレにさしておけば、夜9時にTVの電源オフ。それ以降は見ないという設定もできる。

DVDレコーダーは別のコンセントに差すので、録画はできるけど、TVだけオフという運用ができる。

iPhoneのスクリーンタイム

アプリでスマホの時間を制限。制限のある中で自由に使える。我が家は小3長男はiPadは30分に制限。

動画/SNSなどは次から次へと関連が提案されるので、自分の意思でやめるのは難しい。

仕組み作りをうまくしたほうがいい。

そのあたりを学ぶのには、コチラがおすすめ↓

子供への声がけの負担をへらす

アマゾンエコー(アレクサ)

朝7:30に「そろそろ出発しないとヤバいですよ!」「今日は雨の予報です。傘を持っていきましょう」というように設定しておけばお母さんも楽ちん。

Alexa(アレクサ)がしている声がけの例

7:10名札、ポシェットを準備しておきましょう。(小3の長男への声がけ)
7:25そろそろ出発の時間です。(小3長男への声がけ)
8:20そろそろ出発の時間です。(幼稚園児の長女/次女への声がけ)
14:00そろそろ、お迎えの時間です。(自分への声がけ)
16:00水泳に出発する時間です。着替えて、バッグをもちましょう。

曜日、時間、コメント内容を自由に設定できます。

時間を忘れることができるので、目の前のことに100%集中できます❗

耳で勉強する

ワイヤレスイヤホン

ワイヤレスイヤホンの普及で、簡単に耳で勉強できるようになった。生活を変える力がある。僕はAirPods(第一世代)→洗濯して水没→AirPods(第一世代)を再購入→AirPods(第二世代)→AirPods proと合計4台買ってきた。

それぐらい価値がある。動画は時間を奪う、音声は時間を活かす。

本当にそうだと思います。

小池てっぺい

本を耳で聞く

ベストセラーの本を、耳できけるサービス。読むのはハードルが高くても、耳で聞くことならできる。掃除をしながら、運動をしながら聞くのがおすすめ。

voicy(ラジオサービス)

多様なパーソナリティがチャンネルをもつラジオサービス。

普通のラジオと違って、チャンネルのジャンルが細分化されていて、興味のあることだけ聞けるのがいい。

英語、日本史などのチャンネルがあり、中学生にもおすすめ。

僕はビジネス系のインフルエンサーのチャンネルを聞いています。(ちきりんさん、ホリエモン、イケハヤさんなど)

https://voicy.jp/

朝の忙しい時間もTVをつけると、動きが鈍くなるけど、ラジオなら動きながら耳で聞ける。

読書

マンガ

文章を読むのを楽しむ第一歩としてマンガはおすすめ。まずは楽しめるマンガでOK❗

図書館

2週間に1度、家族で図書館へいき、大量に借りてきます。

1人1枚、図書館利用カードを作る。我が家は5人×10冊=50冊借りてきて、2週間で読みます。

本屋さん

工夫されて陳列されている本屋さんは、やっぱワクワクします。2週間に1度はつれていき、1冊買ってあげる。本を買うってワクワクする。本読みに育てるにはカッコいい本屋を利用したい。

PC

MacBook

小3の長男が、学校でPCの授業が始まりPCに興味を持つ。

マイクラのPC版がやってみたい。

ということでついにPCデビュー。

Switch 版との違いは、階段つくりたいときに、いちいち一個ずつブロックをおかなきゃならないのが、一発でシュンって作れるんだって。(ムダな作業が減る)

Macは

  • 開くとすぐに使える
  • 数年たっても重くならない
  • 高く売れる

のが素晴らしい❗

タイピングソフト

一本指打法にならないように、最初からタイピングの基礎を教えたい。

こちらがすごい!ホームポジションとかちゃんと教えてくれる。

プレイグラム タイピング(無料)

最初は興味を持って自分からやっていたけど、だんだんやらなくなったので、2ステージクリアしたら、30分マイクラができるというルールで運用。

LINEでお気軽にご質問・ご相談ください(無料

勉強のご相談があれば無料でお答えします。

blogでは言えない話を書いた無料のLINEメルマガはこちら。

電話でお問い合わせ

080-1165-8666

タップすると電話がかかります。お気軽にお電話ください。小池につながります。