面接対策のまとめ

面接は準備がすべて。そして学校で行う面接対策は、見た目・礼儀への指導が中心で内容面を深堀りすることはないケースが多いようです(時間もないしね)。

というわけで、面接をワンランクレベルアップしたい人はこちらのページを活用してください。

SLLの面接対策が優れている根拠

面接といえば就職活動。就職活動では、1時間の面接を3回おこないます。高校入試の面接の30倍ぐらい厳しいものです。受験者は1万人、合格は10人とか、そういう世界です。

塾長小池は、そんな就職活動の面接で、5社から内定をもらい、就職活動ではわりと苦労しませんでした。DeNA、楽天、リクルートから内定をいただきました。

リクルート時代も、面接アドバイスをプロとして行っていた実績があります。僕が面接アドバイスをすると、内定の確率が30%あがりました

面接対策の基本

面接の基本をおさえる

まずは最初に読んでほしいのが面接の基本を書いたこのページです。

面接で話す台本をつくる

面接とはこういうものなんだと、おおまかにとらえられたら、面接で話す内容の台本づくりをしましょう。

「もう学校でやりました」という人もあらためて見てください。学校でやったことと考え方が違って、すべてやり直しになることも多いです。

出来上がった台本を見ると、多くの人が間違っているのが志願理由です。「貴校は文武両道で…、体験入学にいった際に…」などと書いている人は要注意です。

ロープレ(模擬面接)をして、面接になれる

ある程度の準備ができたら、各学校ごとの面接の癖を理解して、実際のロールプレイ(模擬面接)をしていきたい。模擬面接をするために、各高校の面接のスタイルを学びましょう。

集団面接をしている様子

なお、ロープレをした結果、台本の修正をしたくなります。なので、台本修正→ロープレ→台本修正…とくりかえすことになります。

面接対策の応用

逆張り(他人と違う意見を言いたい)

面接ではみんな同じ答えになりがち。その中で人と違う発言がはったら少し目立つと思いません?

不意打ち質問(アドリブで答える)

8割は準備していたことが質問されます。ただ2割は準備していないことが聞かれるかも。アドリブがきかない人はこちらをどうぞ。

うまい人の実例をみる

理論を学んでたくさん練習した人の実例です↓塾生限定の記事です。

LINEでお気軽にご質問・ご相談ください(無料

勉強のご相談があれば無料でお答えします。

blogでは言えない話を書いた無料のLINEメルマガはこちら。

電話でお問い合わせ

080-1165-8666

タップすると電話がかかります。お気軽にお電話ください。小池につながります。

ABOUT US

小池哲平
千葉県の白浜町出身。安房高校→慶應義塾大学(経済)→リクルート→SLL。 高校時代学年でブービーから慶応大学に合格した勉強の仕方を伝授。だらしない僕にもできた勉強方法。誰にでもできるように高い再現性を持ったメソッドをみなさんに広めたいと思います。

プロフィール詳細> 塾の詳細>