親力を高める【勉強のできる子供の育て方】

子供は親の鏡。親からするとドキッとする言葉ですよね。

でも、塾の先生をしているととっても感じます。間違いなく親御さんの雰囲気が、お子さんに反映されています。

人間力/土台を鍛える

人間力が7割、学力は3割の意識。

学力は土台となる人間力が、結果としてあらわれるもの。
だから、人間力を無視して学力だけ上げることは不可能。

例えば、本質をつかむ力が育っていないと、宿題をしてもただこなすだけになりがち。
本当は宿題は、理解をするためにやっている。でも、終わればいい、というスタンスで雑にやることも多い。1Pノートで、自分のといたワークの答えをただ写す。何の意味もないが、それは楽して1Pを終わらせたい。
本質を見失っている状態。

結果、後で理解できていないことを勉強しなければならず苦しむのは自分。
宿題が、自分の力を鍛える勉強になっていれば楽なのに、そうなっていない人は多い。例えば、困ったことを自分で解決する力が育っていないと、わからない問題があったときに、自分で解説を読んだり、誰かに質問をして解決をしようとしない。授業の時間、ただ座っていればいいとなってしまう。

質問ができない→根底には理解できなくてもいいやという気持ち、わかっていないことがバレるのが恥ずかしいという謎のプライド、人に話しかけるのが恥ずかしくて声をかけられないというコミュ力の問題。

深堀りをすると原因はいろんなパターンに分かれるのですが、学力なんて表層にすぎないので、芯をしっかりと鍛えることが重要かと思います。

人生の師となり、お子さんの人間力のアップを!

勉強法を知っていれば、成績が上がるという単純なものではありません。

土台となるのは人間力です。

例えば、先生のことをリスペクトし、先生の教えを素直に実行することができる生徒は間違いなく伸びます

もうメチャクチャ伸びます。

しかし、他人を尊敬することはどうやら難しいようです。

そして教えを素直に実行することも大変に難しいようです。

「素直さ」は一例ですが、人間力が勉強の基礎になることはご理解いただけたでしょうか?

なので、入塾時に少しお話をしただけでこの子は伸びそうだな、厳しそうだなと、感じることはあります。

勉強を一緒にしたわけではないので、学力はわからなくても人間力からなんとなくわかるものです。

そんな人間力を磨くお手伝いをすることは、親御さんの大事な使命なのではないかと思います。

なお、塾としては内申点を上げるという名目で、お子さんの人間力アップに貢献したいと考えています。具体的な手法はこちらを参考にしてください。内申点のあげ方 >

お子さんの「心身の回復」に貢献をする

家庭の役割は、お子さんの心身の回復をすることです。

学校で長時間拘束され、その後の習い事で子どもたちは疲弊しています。
体調はもちろん、メンタルの面でもご家庭で回復するからこそ、学校・塾で目の前のことに集中ができるものです。

心と身体の疲れを回復する安心・安全な場所に、家庭がなることが重要です。

心の回復のためには、親業の考え方が参考になります。訓練されたカウンセラーも使う手法です。

熱中体験を積むサポートを

ハマった経験は集中力を深める。そして、強みができて自分に自信がもてるようになります。

熱中体験をどうプロデュースするか

TVや本などのバーチャル→実際の体験(リアル)へ。

子供が何かに興味を持ったら図鑑を与える。そして本物をみせてあげる。図鑑によってバーチャルな世界をもっと広げる。そして、本物(リアル)を見ることで、深みをます。

本物には、本や動画にはない、立体感、素材感、ニオイなど五感を刺激するものがあります。なので、本物を見た後に、図鑑、TVで見たときに、奥行きを持って見ることができるようになります。

熱中体験の中でも自然はいいです。奥深さがあります。

子供が熱中しているときは、なるべく最後までやらせてあげましょう。

すべての勉強の土台。国語力の鍛え方

国語は、すべての教科の土台です。日常の過ごし方がものをいうので、家庭の役割は大きいです。

読み聞かせ会話、読書が重要です。

国語力の鍛え方まとめ

目が悪い子は集中できない

視力と集中力は関係があります。お子さんの目が悪い場合、ケアが必要です。

目が悪い子は集中できない

勉強は役にたたないって言わない

役にたたないものをやるって虚しいですよね。

例えば、一生懸命料理をして捨てるとしたら、何のために料理をしているの?料理いらなくない?ってなります。

だから勉強を役にたたないと言ったら、お子さんのヤル気をそぎます。

そして、お子さんは勉強ができなくなります。

因数分解って役にたたないでしょ?日常で使わないのでは?

いや、そんなことないです。売上=訪問客×成約率×単価、と分解して、どこに問題があるのか、考えます。単に売上が上がんないなーと考えるよりも、問題を具体化しやすいです。コレって因数分解の考え方です。

英語だって実は使わない人も多いですが、それはその人の環境によります。海外に拠点のあるグローバル企業ならば、オフィスに外国人がいたり、会議が英語で行われることもあるでしょう。

海外に拠点がなかったとしても、海外向けのサービスをつくっている企業ならば英語は必要になるでしょう。

えっ歴史は?

歴史は今後起こる未来を予測したり、変化のはげしい現代にどう対応するかの指針になります。例えば明治維新で武士が必要なくなり、武士も商売をする必要がありました。しかし、武士は身分的には上。偉そうにしていて気が利かなくて商売ベタ。(武士の商法)

でも同じ武士でも岩崎弥太郎のように武士から、大商人になった人もいる。変化にあらがっていた人たちは没落していきましたが、変化にのって自分を柔軟にかえられるとうまくいくんだなと、学びを得ることができます。

というふうに、勉強で学んだことを使うかどうかはあなた次第です。

未知に対する恐怖をなくす【行動力を高める】

未知に対する恐怖をなくすために、10歳までに海外旅行に連れていきたいです。

東大生の7割が10歳までに海外旅行に行くそう。

これもファミリアリティ(親しみ)というキーワードで説明ができます。海外にファミリアリティがある方が有利ですよね。

英語や、地理に対する興味関心にもつながります。

裕福だから行くんでしょ?そうですね。それもあると思います。

裕福な家庭は羨ましいですよね〜。子育ても経済力でハンデがあるというか差がついちゃいますよね。

遊び・日常生活から学ぶ

遊びから学ぶ、日常から学ぶ

スーパーに買い物いったときに、ついでに地理にでそうなことをおしえる。例えば、みかんは愛媛、さつまいもは鹿児島。江戸時代は鹿児島は薩摩藩っていって、九州の南は水はけがいいから稲作に向かなくってね…

とさりげなく、日常に勉強をおりまぜます。

他の例をあげましょう。家を買う。ローンを組みます。金利が1%で総額○○万円になります。

そんなシーンは絶好の学習のチャンス。借金をするということは金利がかかるということ。

そして%について学ぶ。じゃあ、借金しないでお金が貯まるまで待つ?

など、たくさんの学びがあります。上に書いたファミリアリティ(親しみ)ともつながることですが、今後社会の公民や、数学の百分率の分野につながります。

とくに小学生・中学生の勉強は日常生活にむすびつきが強いものです。

参考:

自宅待機が長くなって、家で何をさせればいいのか?【親の悩みの解決策を提案】

ファミリアリティ(親しみ)を高める

テレビで見たことある、お母さんが言ってた。そんなファミリアリティ(親しみ)があることで学習のハードルが下がります。

TV、マンガ、ゲーム、映画、はファミリアリティを高めるのに有効。

歴史・地理などは特にやりやすいでしょう。日常会話の中で、金融の話をしたり、社会の仕組みの話をしたり。公民につながります。

親自身がどっしりする

1回1回のテスト結果にうろたえない

人間、調子がいいときも悪いときもあります。たまたまいい結果がでることも、その逆もあります。

150人いる学年で、10番上った、10番下った。そのぐらいは誤差の範囲です。いちいちうろたえないで、どっしりと構えているほうが素敵です。

だいたい5回のテストの平均が、お子さんの実力だと思っているぐらいでちょうどいいです。

目先の結果を追って一喜一憂しない

なお、さらに長い目でみると、中1、中2の2年間で爪を研ぎ、中3でブレイクする、という戦略もあります。

さらにさらに長い目で見ると、中学で地力をたくわえ、高校でブレイクするという戦略もあります。

学歴レースという面でみると、大学受験がゴールになります。前半からいい位置につけて、そのまま逃げ切るスタイルでいくのか、それとも後半で一気にまくるのか。

成長期がいつくるかに差異があるように、成績の伸び方にも差異があります。この子は先で伸びそうだと感じる子は人間力の高い子。
※人間力については以下に記載しています。

根底にあるのは圧倒的な信頼感

すごいなと感じる親には、テストの成績が下がろうが、志望高校に落ちようが、我が子はどんどん伸びるのだ、という圧倒的信頼感があるもの。

単なる高校入試の合否にはこだわらない、大きく構えたたくましいところがあります。
たかがテスト。たかが高校入試。別のお子さんの人間性を否定されたわけではありません。

褒め方のコツ。才能を褒めるのではなく、努力したときに褒める。

脳科学的には、叱るより褒めたほうがいい。ただ、褒め殺し(褒めることで才能を潰す)はだめ。褒めるというより、感動をする、認める。

褒めるときにも注意が必要。

才能を褒めると、我が子が硬直マインドセット(結果は才能で決まっているという考え)に陥る。

努力を褒めると、しなやかマインドセット(結果は努力で変わるという考え)を持てる。

才能ではなく、努力を褒めよう。

親自身が金銭的、時間的に余裕がある状態を作る

自分自身に余裕がないと、他人(子供)の世話をする余裕はでてこないもの。自分の余裕を作ることが、子育てにはね返ってきます。

例えば、本を子供が読みたいというときにスパッと買ってあげれらるかどうか。金銭的余裕があるかどうかに影響をうけると思います。

浪費を避けて、子供への投資にあてたいですね。

以下を参考に絞れるところは絞ることを提案しています。

親が子供以外に、真剣に取り組んでいるものを持っている

親が楽しそうにやっている姿は、子供にとって魅力的です。

親のことを尊敬するでしょう。そして親の熱中していることに興味をもつことでしょう。

親の熱中していることは子供は真似るものです。(ミラーニューロンの話)

親自信が努力して幸せを勝ち取る。子供は子供で自分の好きなことを追求してくれたらいいという心境に。

子供はあくまでも他人 。自分を投影しないことでしょう。

勉強のテクニックを教える

答えを写さないで、ちゃんと宿題をできるようにしよう

7割の生徒が学校ワークを答えを写しています(ちゃんとやっていない)。

わからないから写すのでしょうが、一度写したらもうなかなかやめられません。まるで麻薬のよう。

わからないことをスルーしたことで、よりわからなくなります。積み重ねなので。複利効果が聞いてきて、借金が借金を増やすとの同じですね。

なので、小学生の内にちゃんと自分で問題をといて、自分で丸付けができるようにしておくといいですね。(すごくレベルの低い話に聞こえるかもしれませんが、それだけで上位30%に入れます。)

勉強のしかた【勉強する空間とリラックスする空間を分ける】

まったく誘惑のない環境ですごす2時間15分の定期自習。「はかどりました!」「家よりも集中できる!」

塾や図書館で勉強し、自宅はリラックスする空間と完全に分ける。それを実現可能なように環境を整えていく。

自宅での勉強はかなり難しいです。自宅には誘惑がたくさんあるので。

当塾の場合、充実した自習室がありますよ。

勉強のハードルをさげる工夫を

よくリビング学習がいい、という話がでますが、リビング学習がいいのは勉強のハードルを下げられるから。リビングで勉強していれば、寂しくないです。東大生の8割はリビング学習をしています。

寂しい環境で我慢しながら一人で勉強したくない。他人の目がないと、つい寝転がったり、スマホを見たくなるのが多少抑えられるなど、勉強のハードルがさがります。

また自分の部屋の机はものが積んであって汚くて、勉強をする前に掃除をしなければならないなど、ワンアクション必要だと、めんどくさいな〜となります。

わからないことにつまづいたときにも、誰かにすぐに質問できると、調べるハードルがなくてすむので、ハードルが下がります。

リビング学習は一例であって、勉強のハードルを下げる工夫があるといいです。

それはファミリアリティ(親しみ)をもたせる、マンガ・TVなどエンタメっぽいものから学ぶなども勉強のハードルを下げる方法の一つです。

スマホ/ゲーム対策

スマホはめちゃくちゃ頭のいい人たちが、熱中するようにつくっているもの。だから、何も対策をせずに使うと時間を奪われます。

例えば、通知音がなればスマホの方に意識が行きます。

赤い丸で数字が書かれていれば、なんだろうと開きたくなります。このようになんども開かせて、自然とハマるようにされています。

  • 通知オフにすること
  • アプリごとに時間制限をすること

これを必須でやったほうがいいと思います。

また、スマホゲーム、SNSよりももっと面白い使い方を教えていけるといいですね!

参考:【小・中学生のスマホ問題を解消する】使いすぎを防ぐ、楽しく成長できる使い方をする

参考:【塾生限定】おすすめのスマホの設定

お問い合わせ

以下↓の問い合わせ手段もあります。

LINE
24時間受付

ショートメール
24時間受付

電話
平日10-16時、土日10-20時に受付