2022年高校入試合格速報と振り返り

進学先高校偏差値合格者
木更津高校
※今年は143名定員オーバー、倍率1.51倍という激戦でした!
651
木更津高専632
安房高校5918
翔凜特進(B特待)591
長狭高校491

今年も中学3年生が頑張りました!後期は週4回の塾の授業に加え、毎週の自立学習会(日曜9:30~15:00)で受験生に必要な勉強量を確保。スマホとの向き合い方を考えたり、効率の良い勉強法を考え実践しきました。2~3週間に1回の塾内模試では毎週のように結果が伸びてきていることを確認し、自分たちのやっていることが間違っていないことを確認。高校進学後に必要な勉強の量と質の基礎を当塾で体感できたのではないかと思います。

入塾時学年上位40%→10%以内の常連になったAさん、同じく入塾時上位60%→10%以内常連になったSさんを始め、大きく成績を伸ばした子も何人もでました。入塾時上位30%に入っていなかった生徒が、9名安房高校以上に合格しています。(下剋上合格)

上を目指す、今の自分の実力を超える、そんな考え方を実行できた生徒たちを誇りに思います。(自分の実力で受かるところをそのまま受けることをすすめる、なんなら志望校を下げることを早々にすすめるスタンスはどうかと思います。)

コロナにより学校に通学して勉強ができないという状況も何度もありましたが、Zoom活用で対応していきました。Zoom画面共有を使った授業が徐々にデフォルトになり、リアル×オンラインのハイブリッド授業(ハイフレックス)が浸透。Zoomでのペアワークもできるようになりましたし、ほぼ通常授業と遜色ない形での授業を行うことができました。

最後の社会の一問一答は「入試にメチャクチャでました!(Sさん)」と嬉しい声もいただきました。やっぱり✕を繰り返すこと。✕を○に変えること(通称バツマル)をいかに自学の中心にすえるかが重要でした。なぜ的中しまくったかというと、入試の前日に全範囲を1時間で一気にやったからです。全範囲を一気にやれるのは、短時間で復習できるように一問一答形式で✕がしっかりついているテキストを作ってあるからです!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

無料体験、個別説明会こちら

当塾の説明を聞きたい、勉強の相談をしたい、体験授業を受けたいという方はこちらをどうぞ。

お問い合わせ

お電話

080-1165-8666
(タップすると電話がかかります)

対応可能時間

  • 平日 10:00〜16:00、21:30〜22:00
  • 土日 10:00〜20:00

LINE

館山市の学習塾SLLへLINEで連絡

24時間メッセージOK(音がならない設定にしています)

フォーム

この記事を書いた人

学習塾業界12年の教育の専門家。千葉県館山市でハイレベル層に向けた学習塾を運営。生徒の90%以上が安房高校以上に進学。4児の子育て中。
【経歴】安房高校→慶應義塾大学経済学部→リクルート→ランゲージ・ラボラトリー。
プロフィール詳細> 塾の詳細>

目次