ケアレスミス(凡ミス)を防ぐ

ケアレスミス(凡ミス)が多い、
という悩みは良く耳にする悩みだ。

ケアレスミスをする子の答案には
ミスをする理由が書いてある

いくつか具体例をあげよう。

  • 途中式がない
  • 0と6が区別がつかない
  • 図がない
  • 書き込みながら考えていない
  • 計算用紙にストーリーがない
  • 選択肢をつぶしていない
  • 重要なところに線をひいていない
  • 計算用紙に規則性がない
  • 条件を満たしているかチェックしていない
  • 見た目チェックしてない(例. 算数の角度)
  • 物理的に考えてありえない答え
    (例.おばあちゃん時速9000kmで歩く)

いくつか具体例をあげたが共通点は見えるだろうか?

適当意味を考えない過程がない勉強と現実世界がつながってない

そんなところだろうか。

目次

ケアレスミスをどうすれば防げるのか?

ではどうすれば防げるか?

  1. 過程書き込む
  2. を書く
  3. 規則的にノートを使う(上から下とか)
  4. 見た目チェックをする
  5. 文章、式、数字の意味を考える

例. 小数点をつけ忘れる

3×1.3=39というミスをふせぐには、

3×約1=約3と考えると、
39という答えがおかしいと気がつく。

同様に、
289×47=…
という問題も

約300×約50
=約15000よりちょっと少ないぐらい。

とおよその答えを考えてから計算する。

ケアレスミスと安易に考えないほうがいい

「うちの子はケアレスミスが多いんですよね。」
という発言には、

本当はわかっている。
ただのミスにすぎない。
点数以上にウチの子はできる。

でもそんな事はない。

ケアレスミスは注意力不足ではなく、
わかってないからだ。

時速4000kmのおばあちゃんが生まれるのは
時速の意味がわかっていないからだ。

5×0.3=15となるのは、
0.3の意味がわかっていないからだ。
これはケアレスミスじゃない。

問題用紙に解答が正しく出せているのに、
答案用紙に転記するときに写しまちがえた。

こういうのがケアレスミス。

頭の中で処理しすぎない

人はミスをする。ミスだらけだ。

買い物にいっても買い忘れをする。

そんなのしょっちゅうある。
(僕もよく忘れる)

だから買い物リストをメモして、
自分の頭を信じずに、
メモを信じて買い物をする。

めんどくさいからといって
メモしないで買い物に行くと、
3回に1回は買い忘れる。

0と6を見間違えるなら、
6の書き方をかえる。

角度がおかしいのに気が付かないなら
最後に見た目でチェックする(3秒で終わる)

なぜミスるのか?
計算用紙の使い方が悪いのか?
計算式がタテに書いていないからか。
ミスではなく、実はわかっていないのか。

原因を考えれば、対策がわかる。

ミスも実力のうちだ。

自分の能力を過信せずに、謙虚に丁寧に行こう。

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

無料体験、個別説明会こちら

当塾の説明を聞きたい、勉強の相談をしたい、体験授業を受けたいという方はこちらをどうぞ。

お問い合わせ

タップすると起動します。
お気軽にどうぞ!(担当:小池)

目次