【小/中学生】自分で考えようとしない子が変わる瞬間

せんせー、わかりませーん

10秒で答えが浮かばなければ即死。

すぐに諦める。

やり方を教えて下さい。

考えることをせずに、てっとりばやい方法を聞く。

似たような質問に、

足すんですか、引くんですか?

習ってませーん。

がある。

これらの質問は、自分で考える気がありません、という点が共通している。

この子たちにすぐに教えてみたこともある。

「この場合はこうだよ。」「こう考えるといいよ。」

ますます依存度が高まり、考えようとしなくなる。これじゃできるようにならない。

こんな自分で考えない子どもたちも、自分で考えるようになる。

算数は式を使わないといけないという思い込み

5÷2=2.5

A=2.5、B=2.5

どうしても式をたてることありき。

数字をあてはめて試してみようとできない。

小池てっぺい

数字をあてはめて試してみればいいんだよ。

例えばさ、・・・。

算数は、「式をたてなければならない」という間違った思い込みをしている子は多い。

そういう子は融通がきかなく、見たことのあるパターン問題しかとけない。

それも、直近3ヶ月以内の問題でないと、

やり方を忘れました。

となる。

それはそのはず。

意味を考えていないため、記憶は3ヶ月しかもたない。

算数は、数字を当てはめて具体的に考えればいい

20分後。ようやく式でとくことを諦めた。

そして、数字を積極的に当てはめて、正解を探すようになる。

しかし、ここでまた2パターンに分けることができる。

ヤミクモに全パターン試す子と、意味を考え法則を見つけようとする子だ。

最初はヤミクモでいい。試さないよりマシだ。

そのうち偶然に「アレ?」と気がつく瞬間がある。

なんかこうやるといけるぞ。

そこで意味を考え法則を見つける子に変わることができる。

算数は必勝法を編みだすゲームだ

せんせー、必勝法を見つけました!

1問に10分かかっていた子も、必勝法を編みだすと1問1分でスイスイすすむようになる。

この様子を見ている僕は、これが浮かぶ。

LIAR GAMEの秋山さん(松田翔太)

そう、勉強は必勝法探しだ。パターン暗記はつまらない。パターン暗記をしている人は早晩伸び悩む。

とくに算数/数学は必勝法探しゲームだ。

考えることに夢中になっている子は、説明しようとする嫌がる

秋山さんのように、集中して深く考える小学生たち。

小池てっぺい

苦しんでるじゃん。コレはね・・・(解説しようとする)。

いや、ちょっと待ってください。

もう少しでいけそうです。

だんだんとこうなってくる。この感じを引き出すのが小・中学生の算数の目的だ。

ここには依存心はない。

自立している。

算数の必勝法をみつけるのは楽しい

同じくてんびん問題だが、

小池てっぺい

どう? なんか法則見つけた?

見つけました!!

B2個と、A4個がつりあうってことは、半分にしても同じだからB1個とA2個がつりあいます。

ってことはAはBの2倍の重さだから…

猛烈な勢いで自分の見つけた法則を嬉しそうに話す。

それも一人だけじゃなくて、俺も!私も!

と次々に話し出す。

問題をといている様子を見ると前のめりになり、プリントに釘付けになっている。

とけるとガッツポーズをする子もいる。

子どもたちを秋山さんにするための手順

① よく考える必要のある良問を用意する

② 問題をといている様子をみて、

塾生限定

ここから先は塾生だけに教えたい内容です。

LINEでお気軽にご質問・ご相談ください(無料

勉強のご相談があれば無料でお答えします。

blogでは言えない話を書いた無料のLINEメルマガはこちら。

電話でお問い合わせ

080-1165-8666

タップすると電話がかかります。お気軽にお電話ください。小池につながります。

ABOUT US

小池哲平
千葉県の白浜町出身。安房高校→慶應義塾大学(経済)→リクルート→SLL。 高校時代学年でブービーから慶応大学に合格した勉強の仕方を伝授。だらしない僕にもできた勉強方法。誰にでもできるように高い再現性を持ったメソッドをみなさんに広めたいと思います。

プロフィール詳細> 塾の詳細>