木更津高専の入試倍率【学科選びに影響があるかも】

目次

推薦入試

令和4年度(2022年)

受験者数合格者数受験倍率
機械工学科44222.00
電気電子工学科33211.57
電子制御工学科51212.43
情報工学科66223.00
環境都市工学科67223.05
合計261 1062.60

令和3年度(2021年)

受験者数合格者数受験倍率
機械工学科28191.47
電気電子工学科42202.10
電子制御工学科40211.90
情報工学科63222.86
環境都市工学科44212.10
2171032.20

令和2年度(2020年)

受験者数合格者数受験倍率
機械工学科41202.1
電気電子工学科36221.8
電子制御工学科43222.2
情報工学科70223.5
環境都市工学科70223.5
合計2601062.6

過去3年間の入試倍率の推移をみて気が付いたことはありますか?

  • 情報工学科が安定して人気が高い。
  • ついで環境都市工学科が人気が高い。
  • 隔年の法則がある。

ということでしょうか?

重要なのは隔年の法則です。昨年倍率の高かった学科は翌年少し倍率が少し下がります。例として、令和2年の環境都市工学科は3.5倍(平均2.6倍)→2.1倍(平均2.2倍)→3.05倍(平均2.6倍)です。皆さん、前年の倍率をみて、倍率が高いところを避ける傾向にあります。これは大学入試でもよく起こる現象なので、過去3年間の倍率を見たほうがいいです。

学科にそれほどこだわりが強くない。倍率の低い学科を戦略的にねらいたいという人は意識するといいでしょう。

推薦入試の対策や、試験問題などはこちらをご覧ください↓

一般入試(学力選抜)

令和4年度(2022年)

受験者数合格者数受験倍率
機械工学科42212.00
電気電子工学科33201.65
電子制御工学科34221.55
情報工学科49232.13
環境都市工学科44202.20

令和3年度(2021年)

受験者数合格者数受験倍率
機械工学科21141.71
電気電子工学科32162.25
電子制御工学科20161.38
情報工学科55192.95
環境都市工学科26201.35

令和2年度(2020年)

受験者数合格者数受験倍率
機械工学科51401.3
電気電子工学科50341.3
電子制御工学科63371.6
情報工学科95382.4
環境都市工学科77321.9
合計3361811.7

確認テストでだいたい350点以上が合格ラインです。過去の塾生の受験の様子を見ると330点程度だと合格率は半々というところです。350点を超えている子はほぼ合格しています。

数学、理科、英語は配点が2倍になりますので、理系科目が得意だとやはり有利です。また問題の傾向として、千葉県立高校入試に比べ若干難易度が高いのと、思考力を問う問題が出題されます。マークシートであることも大きな特徴。対策が不可欠です。

募集人員

学科名募集人数
機械工学科40名
電気電子工学科40名
電子制御工学化40名
情報工学科40名
環境都市工学化40名
合計200名

半分は推薦、半分は学力選抜で決まります。推薦、学力選抜とダブルで受験できますし、千葉県立高校も併願できますので、基本的にすべて受験する方向で考えるといいでしょう。

推薦は内申点と面接の比重が高いので、戦略的に準備をされるといいと思います。

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

無料体験、個別説明会こちら

当塾の説明を聞きたい、勉強の相談をしたい、体験授業を受けたいという方はこちらをどうぞ。

お問い合わせ

お電話

080-1165-8666
(タップすると電話がかかります)

対応可能時間

  • 平日 10:00〜16:00、21:30〜22:00
  • 土日 10:00〜20:00

LINE

館山市の学習塾SLLへLINEで連絡

24時間メッセージOK(音がならない設定にしています)

フォーム

この記事を書いた人

学習塾業界12年の教育の専門家。千葉県館山市でハイレベル層に向けた学習塾を運営。生徒の90%以上が安房高校以上に進学。4児の子育て中。
【経歴】安房高校→慶應義塾大学経済学部→リクルート→ランゲージ・ラボラトリー。
プロフィール詳細> 塾の詳細>

目次