目が悪い子は集中できない【対処法も】

目次

目が悪いと集中力がなくなる

目がよく見えないと、情報処理がうまくできなくなります。これは脳科学的に証明されている事実です。

目が悪くなることは避けたいですね。

そして、目が悪いならきちんとメガネをかけるとか、コンタクトをするとか、視力回復のトレーニングをするなどして、目を良くする努力をしましょう。

黒板が見えない状態で授業を受けている子どもたち

結構います。

目が見えていないのに、そのまま授業をうけている人。そしてそのことを先生に言えない人。

ハンデを背負った状態で授業を受けている感じですよね。

メガネを忘れたということに問題はありますし、さらに問題なのは目が見えないことを先生に言えずにそのまま授業を受けてしまうこと…。

親としてできること【対処法】

  • 目が悪いかどうかのチェック。
  • メガネ、コンタクトの度があっているかどうかチェック。あっていなければ、新しいものに。
  • メガネ、コンタクトを忘れずに毎回使うようさせる(目が見えていない状況で授業を受けている子は結構いる)
  • 困った状況を自分で打破できるように、お子さんの人間力を鍛えること(目が見えませんと自分から言えるように)
シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

無料体験、個別説明会こちら

当塾の説明を聞きたい、勉強の相談をしたい、体験授業を受けたいという方はこちらをどうぞ。

お問い合わせ

お電話

080-1165-8666
(タップすると電話がかかります)

対応可能時間

  • 平日 10:00〜16:00、21:30〜22:00
  • 土日 10:00〜20:00

LINE

館山市の学習塾SLLへLINEで連絡

24時間メッセージOK(音がならない設定にしています)

フォーム

この記事を書いた人

学習塾業界12年の教育の専門家。千葉県館山市でハイレベル層に向けた学習塾を運営。生徒の90%以上が安房高校以上に進学。4児の子育て中。
【経歴】安房高校→慶應義塾大学経済学部→リクルート→ランゲージ・ラボラトリー。
プロフィール詳細> 塾の詳細>

目次