iPad+Apple Pencil(アップルペンシル)で年賀状を作ろう!

こんな感じの年賀状がつくれます!(なれてくると1枚あたり5分でつくれますよ)

テンプレートをダウンロードする

自由にダウンロードしてお使いください。

年賀状テンプレート横

年賀状テンプレート縦

Keynoteというアプリを使って編集をします。Keynoteは、PowerPointのiOS版です。iPadに標準で入っています。

自由に編集

見本を見つけてマネをする

「年賀状 おしゃれ」「年賀状 かわいい」などで検索して見本を見つけるといいです。自分でイチから作るよりも、マネをしたほうがうまくいきます。

小池てっぺい

自分で考えるより、見本をマネするとかっこよくなりやすい。

文字を追加する

住所や、名前などは、文字を打ち込みましょう。

全部Apple Pencilで手書きでもいいですが、手書きとフォント(手書きじゃない部分)が両方あるとバランスがいいです。

色をピックする(色を統一するとおしゃれ)

見本から色を抜き出して、そのまま使うことができます。

色を絞るとオシャレに見えます。

デジタルを使うメリットはここです。色を抜き出して同じ色を使うことができます。

文字を縦書きにする

最近のkeynoteは縦書きの文字にも対応しています。

縦書き文字もかけるのでより自由にレイアウトが可能です。

印刷

自宅で印刷

AirPrint対応なら簡単にできます。

ご自宅にあるプリンターはインクジェットプリンターだと思うので、インクジェット紙でもキレイに印刷できます。(一般的に年賀状用紙はインクジェット紙が多い。)

右上の共有ボタンからプリントを押してください。

外部で印刷

コンビニ、写真屋さんで印刷可能。ネットで検索してください。

外部を使うメリットはきれいに印刷できることです。

毎年おなじみのお店を決めておくと翌年以降楽ですよ。

多少コストはかかりますが、圧倒的クオリティになります。

小池てっぺい

いつも使う印刷屋さんを決めておくと楽です!

記事が役にたったらシェアお願いします!

LINEでお気軽にご質問・ご相談ください(無料

勉強のご相談があれば無料でお答えします。

blogでは言えない話を書いた無料のメルマガはこちら。

ABOUT US

小池哲平
千葉県の白浜町出身。安房高校→慶應義塾大学(経済)→リクルート→SLL。 高校時代学年でブービーから慶応大学に合格した勉強の仕方を伝授。だらしない僕にもできた勉強方法。誰にでもできるように高い再現性を持ったメソッドをみなさんに広めたいと思います。

プロフィール詳細> 塾の詳細>