【中学算数】この問題が1秒でとけないと「公式の罠」にハマっている

ただ公式に当てはめているだけで実際にはほとんど理解していないんだろうなと言うケースがあります。公式は一見楽に見えるんですが、応用が利かなかったり、かえって楽じゃないと言う場合もあります。例えば中一の図形の問題。

円周の問題。1秒でとける?

円周を出すときに、中学では2πrという公式をならいます。
でも、「直径×π と考えたほうが楽じゃない?」

だって小学校で直径×3.14って習ってきている。3.14がπに置き換わっただけってほうがそのままスッと理解できますよね。

さあ、では一番上の画像の問題の答えは、10πです。直径×πなんで、そのまま10πです。

もっと難しい問題なのか、何かひっかけがあるかと思った人、ゴメンナサイ。

公式の意味を考えないとデキナクなる

でも、2πrって考えている人は、いちいち10÷2して半径になおして、2πrの式にはめる。

2π×5=10π

という手順。

これってめんどくさいですよね。

 

直径×π

10×π

10π

と素直にいけるといい。

たいして変わんないじゃんという反論に対して

確かにこの問題を解くだけなら、それほど差はないですよね。

でもね、

  1. 自分のすでにもっている知識とむすびつける
  2. 式の意味を考える

という大事な部分が、抜け落ちているんじゃないかなと思っています。

せっかく直径×3.14って習っているんだから、それを活かしたいですね!

本質をつかんでいると、いろんな問題がシンプルにみえます。だから忘れないし、応用問題を考えるのも楽しい。

勉強が苦痛でたまらない人はこんなところに原因があるのかも。

お問い合わせ

以下↓の問い合わせ手段もあります。

LINE
24時間受付

ショートメール
24時間受付

電話
平日10-16時、土日10-20時に受付