国語力の鍛え方まとめ

国語力は、すべての勉強の土台。真っ先に鍛えるべき教科です。

文字を読んで考えることはどの教科でも重要です。

教科書がちゃんと読めればほとんどわかります。

80点以上とれます。でも、80点とれないのは、教科書に書いてある日本語が読めていないから。

本が自分で読めるように育てれば、塾代はいらなくなるかも。

 

とにかく本を好きにする。

まずはマンガでいい。

その次に実用書(野球の入門書、ゲームの攻略本)、雑誌

最後に文字だけの本。

とにかく本屋につれていく。

連れて行ったらどれでもいいから1冊買ってあげる。

月に2回は本屋につれていく。本屋はワクワクする。

本の見せ方がうまい。

親も本を読む。いつも本を読んでいる姿を子供に見せる。

親もいつも本を読む。

もちろんスマホでキンドルで読んでもいい。

何読んでるの?

と子供から聞いてくる。

子供は親のことをよく見ている。そしてマネをする。

200冊以上の本が並ぶ本棚を家に置く

ズラーっと本が並んだ本棚は、ワクワクする。本がこうやってあるのが当たり前なんだなと、子供は感じる。

北風と太陽の、太陽作戦。読ませたい本を、さり気なく本をおいておく

この本おすすめだから読むといいよ。

進められるとなんとなく反発したくなる。だから読ませたい本は、さりげなくダイニングテーブルの上においておく。

子供が手に取ればラッキーぐらいの感覚で。

 

お問い合わせ

以下↓の問い合わせ手段もあります。

LINE
24時間受付

ショートメール
24時間受付

電話
平日10-16時、土日10-20時に受付