【国語力を鍛えるのに重要】我が子を読書好きに育てる方法

国語力は、すべての勉強の土台。真っ先に鍛えるべき教科です。文字を読んで考えることはどの教科でも重要です。教科書がちゃんと読めればほとんどわかります。80点以上とれます。でも、80点とれないのは、教科書に書いてある日本語が読めていないから。

本が自分で読めるように育てれば、塾代はいらなくなるかも。

とにかく本を好きにする。

まずはマンガでいい。

まずはおもしろいものから入りましょう。昔はマンガは害悪として、読んではならないものと言われていた時期もありました。

しかし、マンガは学びの要素が大きく非常に深いです。いわゆる学習マンガでなくてもいいです。

何につながるかはわかりません。ハマれるマンガを見つけたら、関連するもの(作者つながり、テーマつながり、など)をブックオフの100円コーナーであさりましょう。10冊買ってもわずか1000円です。

その次に実用書(野球の入門書、ゲームの攻略本)、雑誌

自分のやっていることの実用書がいいのではないでしょうか。例えば少年野球をやっているなら、本を読んで学ぶ。すると、それを実践したくなります。西部森のフルスイングが解説してある本を読めば、森みたいにフルスイングしたい!どうすればいいんだ?ふむふむ、こうするのか。本をおいてバットを振り始めることでしょう。

これって知識→実践。能動的読書(アクティブリーディング)と僕は読んでいますが、子供のころから是非これを実践してほしいです。するとどうなるか?机上の学びが、実生活につながってきます。

最後に文字だけの本。

だんだんハードルが高くなってきます。文字をサポートする写真・絵がほとんどない本です。しかし、思考力・文字へのなれという意味では最高です。ここまでたどり着けなくてもいいですが、この3ステップがあると考えてください。

とにかく本屋につれていく。

連れて行ったらどれでもいいから1冊買ってあげる。月に2回は本屋につれていく。本屋はワクワクする。本の見せ方がうまいです。

予算が厳しいならブックオフで十分です。100円コーナーだけね、と言って数冊買ってあげましょう。

親も本を読む。いつも本を読んでいる姿を子供に見せる。

親もいつも本を読む。もちろんスマホでキンドルで読んでもいい。

何読んでるの?

と子供から聞いてきます。

子供は親のことをよく見ている。そしてマネをします

お兄ちゃん(6歳)と、お姉ちゃん(4歳)が本を読んでいるので、妹(1歳)も本読んでいます 笑

200冊以上の本が並ぶ本棚を家に置く

ズラーっと本が並んだ本棚は、ワクワクする。本がこうやってあるのが当たり前なんだなと、子供は感じる。

北風と太陽の、太陽作戦。読ませたい本を、さり気なく本をおいておく

この本おすすめだから読むといいよ。

進められるとなんとなく反発したくなる。だから読ませたい本は、さりげなくダイニングテーブルの上においておく。

子供が手に取ればラッキーぐらいの感覚で。

 

お問い合わせ

以下↓の問い合わせ手段もあります。

LINE
24時間受付

ショートメール
24時間受付

電話
平日10-16時、土日10-20時に受付