自分で成績の管理・内申点の予測をする

内申点は何点なのか?自分のテストの成績はどれぐらいなのか?

自分で管理できると気持ちがいいです。

自分の志望する高校に、内申は何点必要なのか、このまま行くとどうなりそうなのか、それがわからないと目標と現状のギャップがわからない。

ゲームのルールを理解しないまま、適当にゲームをプレイしてクリアできたり、失敗したり。運に身をまかせているような感じですよね。

かといって親や先生が管理して、都度口うるさく言われるのも嫌ですよね。

というわけで自分で成績や内申を管理できるようになりましょう。

内申点を予測する

内申点は135点満点です。

安房高には○○、木更津高には○○点必要。木更津高専の推薦をとるには、○○点必要。

現状の内申点から、このままのペースでいくと何点になるのか予測をしてみましょう。

  • 内申点の平均を出す。(例:5段階評価で、平均4.6。)
  • 平均値に ×9科目 ×3年間(中1〜中3)。(例:平均4.2 ×9科目で37.8。それが3年間で124.5 )

こんな計算でいかがでしょうか?

正確な数値ではありませんが、おおまかな予測値をだすことができます。

内申を毎回計算するのは大変。アプリで自動計算する

平均の計算ってめんどくさいです。通知表が来るたびに、過去の数字を全部書いて、足し算して割ってと、計算するってしんどい。電卓を使っても大変です。

なので、表計算アプリを使いましょう。(学校の情報の授業でも扱います。たぶん中2、中3で扱います。)

グーグルスプレッドシートがおすすめ。

成績の推移を確認できるようにする

成績が一回一回上がった!下がった!と楽しむのもいいですが、おおきく伸びてきているか、変わらないのか、下がっているのか。

おおまかにつかんでいきたい。

そして、うまく行っていないのであれば、原因と対策を自分で考えられるようしたいですね。

このときのテストはこうだったから、こういう結果になった。

過去の自分の履歴が振り返られることで、未来にどうしていくかを自分で決めやすいですね。

【具体編】スプレッドシートでどうやって内申・成績を管理していくか

 

 

お問い合わせ

以下↓の問い合わせ手段もあります。

LINE
24時間受付

ショートメール
24時間受付

電話
平日10-16時、土日10-20時に受付