【塾生向け】成績をこうやって見てください

当塾の塾生・保護者のみなさん向けの解説です。

点数だけでは実力はわからない

平均点が80点のテストで自分が80点と、平均60点のテストで80点では、価値が違います。後者の方が価値が高い。

だから一番重視する数字は偏差値です。

偏差値=平均点よりどれだけ自分の点数が高いか(低いか)を示したもの。偏差値50がちょうど平均。

偏差値の見方

すごーく簡単に説明すると、

70神!(平均よりはるかに上)
65めちゃくちゃすごい(平均よりめちゃくちゃ上)
60すごい(平均よりかなり上)
50普通(平均点)
45やばい(平均より下)

合格判定

中1、中2は定期テストを漫然と受けている。この成績だとどの高校に行けるのか?そんなことをほぼ意識しないで、受けていると思います。

現時点での自分の位置を把握できるように、合格可能性を出しています。

S模擬という模試を運営している会社(=総進図書)が、各高校に合格できる偏差値を公表しています。例えば、安房高校は偏差値54なのですが、S模擬で自分が偏差値54をとったとすると、安房高校に80%の確率で受かるということです。(俗にいう80%偏差値)

ちょっとむずかしい話なので、興味のない人はここは飛ばしてください。
S模擬の偏差値と、中学の定期テストの偏差値では違うんじゃない?と思うかもしれませんが、実は結構似たような数字がでます。総進図書のテストは公立中学の成績上位者〜下位者がまんべんなく受験しています。(S模擬以外にも学校に提供して、総進図書の模試と気づかずに受けているケースがある。)つまり、母集団の質において、公立中学と総進図書でそれほど違いがない⇒偏差値もかわらないです。

マイページ(スプレッドシート)でご確認ください

スプレッドシートというアプリを使って、成績が確認できます。(本人・保護者・小池の3人にしかわからないようにしてあります。スプレッドシートのURLがわからない場合ご連絡ください。)

2本指で拡大・縮小できる

スプレッドシートは、拡大されすぎていて見にくいと思います。2本指でピンチアウトする(縮小する)と見やすくなります。

ピンチアウト:2本指を広げるような動き。縮小することができる。

数字だけじゃない

偏差値・点数などの数字(定量情報)は大事ですが、数字以外の情報(定性情報)も大事です。

英語の点数が低い⇒なぜだろう?⇒文法が理解できていない⇒英語の文法を中1の内容からやりなおす

英語の点数が低い⇒なぜだろう?⇒授業中に寝ている⇒なぜ寝るのだろう?⇒夜中にスマホでゲームしている⇒夜中にスマホでゲームしない。授業をちゃんと聞く。

英語の点数が低いことは同じですが、打ち手はかわってきます。

打ち手を考えるには授業の状況(=定性情報)を見ている僕や学校の先生の話を聞くといいでしょう。ご相談ください。

詳細

偏差値

合格可能性

合格可能性が80%だと濃い青、60%以上だと薄い青…という感じです。

合格可能性はどうやって計算しているのか?

総進図書の公表している偏差値を基準にして、本人の偏差値がその学校の偏差値をどれぐらい上回っているか(下回っているか)で計算をしています。

LINEでお気軽にご質問・ご相談ください(無料

勉強のご相談があれば無料でお答えします。

blogでは言えない話を書いた無料のLINEメルマガはこちら。

電話でお問い合わせ

080-1165-8666

タップすると電話がかかります。お気軽にお電話ください。小池につながります。

ABOUT US

小池哲平
千葉県の白浜町出身。安房高校→慶應義塾大学(経済)→リクルート→SLL。 高校時代学年でブービーから慶応大学に合格した勉強の仕方を伝授。だらしない僕にもできた勉強方法。誰にでもできるように高い再現性を持ったメソッドをみなさんに広めたいと思います。

プロフィール詳細> 塾の詳細>