【自学ノートのやり方】ちょっとおもしろい自学ノートのご提案

自学ノートは宿題だから仕方なくやっている。さっさと埋まればいい。

そんなスタンスだとつまらないし、実力がつかなくて、もったいない。

どんな自学ノートをすればいいのか?

自分の興味・関心を深堀りした自学

株について勉強した自学ノート

株・投資にについて勉強したことをまとめた自学ノート

株に興味を持ったとする。そしたら、株のことを調べて自学ノートにまとめる。

株の歴史、株の選び方のポイント、主要株の価格、こんな優待がある、など。

証券会社の特徴。自分はどの証券会社で口座を開くべきか?

など。

小池てっぺい

自学=自分で学ぶ、自由に学ぶの略。
勉強っぽくないといけないわけじゃない。

ちなみに株は社会の公民にでてくる。学校の勉強でも扱われる範囲。

将来、起業家になりたい→まずはメルカリで物を売る経験を!

メルカリでものを売る体験を自学ノートにまとめた例

「自分は将来起業家になりたいんです。」

「商売の基本は物を売ることだから、まずはメルカリで物を売ってみたら?」

という会話をきっかけに、メルカリの仕組みを調べ、実際に商品を出品。宅配の種類、メルカリの仕組みの解説、CtoCやシェアリングエコノミーというキーワードを調べまとめる、実際に商品が売れていくら手数料がかかって、いくら手元に入った、などをレポートする。そんな自学ノートがあってもいい。

調べる→実践する→そのことから得た学びをまとめる

そんな自学ノート楽しそうじゃない?

小池てっぺい

ノートにまとめるだけじゃなくて、体験をするのがポイント!

体験→気づきという構成で書くと、体験しただけでおわらず、体験をふかぼれる。

部活のことを考える自学ノート

自分が野球部だとして、野球部のことを分析→改善するための作戦を考えた自学ノート。

野球部の強み、弱みを書く。

どんな戦略(打撃をのばす・足を絡めた必殺プレーを磨く・とにかく固い守備で守り勝つなど)が考えられるか、それを実現するのにどんな練習ができるか、どんなオーダーならいいのか。自分で主体的に部活のことを考えた自学ノート。

それを持って顧問の先生に相談にいってもいい。

頭を使ってスポーツをするを学べるマンガ

中学野球が舞台です。突然キャプテンになったカズマサが、極端打撃によせたチームづくりをする。戦略を明確にもっているのが面白い!

ドラゴン桜の三田紀房先生の野球漫画。単純に技術だけじゃなく、お金を使ってどうやって勝つか、プレーヤーだけじゃなくて、ブラスバンド部に勝つ空気作りを協力させるなど視点がユニーク。

競合中学の練習方法を学ぶ

強い中学の練習方法を真似してみるのもいい。一部員として思考停止して与えられた練習をこなすだけなのか、自分でチームの状況を考え、練習方法を考えるのか。どっちが楽しい?

小池てっぺい

調べるだけじゃなくて、部活の練習をかえる提案をしてみる。
主体的にかかわると面白くなる❗

ゲームについて調べる自学ノート

もっとエンタメっぽい自学ノートのご提案。

例えばゲームが好きで、ゲームについて深堀りした自学ノートはどうでしょう?

えっ、そんなのさすがに認められない?やり方次第、意味のつけ方しだい。

例えば、国内の主要なゲームメーカーについて調べる。ゲームって行っても、家庭用ゲームというジャンルと、スマホゲームがある。

家庭用ゲーム機のメーカーは任天堂と、○○とがあって、シェアはこうで、こんな戦略をとっている。ユーザーにはこう思われていて、自分自身はプレイしていてこう感じる。だから、本当はこんな戦略があるといいのではないか?とか。

マインクラフトと理科の地学をつなげる自学ノートとか。マイクラではこういう位置でダイヤはとれるけど、実際にはこうだ。世界のこのあたりで産出されている、と。勉強に結びつける。マイクラの理解も深まる、勉強も深まる。

桃鉄やってて気になったことを調べる。飲食系は収益率が高いけど、農林水産系は低い。なぜか?貧乏神に農林水産系は物件を売られない。なぜか?ググればでてくる。社会(地理)につながる学びが得られる。

成績の伸びる自学ノート

先ほど紹介したのものはちょっと勉強っぽくない。

抵抗があるっていう人は、コチラ↓

成績の伸びる自学ノートをやろう。

自分のわからないところを調べてまとめた自学ノート

疑問に思ったことを、ググって調べてまとめたノート。

例えば、小麦ってどんな場所でできるんだろ?→冷涼な場所。ちょっと乾燥していてもOK。

じゃあ、世界で小麦の生産が盛んなところってどこだろ?→中国、インド、ロシア、アメリカ、フランス。

国土が大きいところかな?小麦は土地の広さが大事なのかな?日本だとどこかな?→調べる・・・。まとめる。

自分の苦手な単語を練習した自学ノート

自分のわからない英単語だけを練習した自学ノートは素敵。わからないことを集中攻撃!

ダメな例:単語帳の単語を上から順にやる。わかる単語も練習している。ノートを埋めることが目的になっている。

✕だった漢字だけを練習した自学ノート。

プリントをといて✕だった漢字だけを練習した自学ノートもいい。✕→○に変わると成績が伸びる。意外とできることを練習しがち。

✕だった問題をもう一度答えをかくしてとき直した自学ノート。

社会・理科は学校ワークをやったあとに、✕だったところだけをとき直した自学ノートもいい。

✕→○に変えるために自学ノートを使う。

また✕だった場合、イメージがわいていない。理解ができていない。そこはググって調べる。

小池てっぺい

できないことをできるようにする!
そんな自学はいい!

ヤバイ自学ノートは?

問題文まで写している

なんで問題文まで写すの?めんどくさくない?問題文を写している時間は頭よくならないし。

回答だけつくればいいでしょ?

一度プリントでといた問題と答えを自学ノートにそのまま写す

なにそれ?意味あるの?

教科書を丸写しする

写経?あんま意味なし。頭を使わない。

基本的にヤバイ自学ノートは、写すという言葉がよくでてくる。なるべく頭を使わないで、とにかく楽して埋めようとする自学ノート。作業が多いことが特徴…。見ていればすぐに分かる。

小池てっぺい

宿題を出すためにやっている自学はイマイチ・・・。

埋めるだけの自学は楽なの?

ヤバイ自学ノートをやっている人は、楽して宿題をおわらせたいという気持ちはわかる。でも、宿題は楽に終わるのかもしれないけど、そのツケは後ではらわなきゃならない。

適当に自学をやっている人はあまり理解できていないから、学校ワークをやるときに✕が多くてなかなかすすまないかもしれない。

自学ノートをやることが勉強になれば、その分勉強をしなくてよくなる。自学ノートが勉強にならずにただの作業であれば、あとで勉強をしなければならない。

自学ノートで、勉強になった方が実は楽。

LINEでお気軽にご質問・ご相談ください(無料

勉強のご相談があれば無料でお答えします。

blogでは言えない話を書いた無料のLINEメルマガはこちら。

電話でお問い合わせ

080-1165-8666

タップすると電話がかかります。お気軽にお電話ください。小池につながります。

ABOUT US

小池哲平
千葉県の白浜町出身。安房高校→慶應義塾大学(経済)→リクルート→SLL。 高校時代学年でブービーから慶応大学に合格した勉強の仕方を伝授。だらしない僕にもできた勉強方法。誰にでもできるように高い再現性を持ったメソッドをみなさんに広めたいと思います。

プロフィール詳細> 塾の詳細>