面接対策のまとめ

面接は準備がすべて。そして学校の面接対策は…なこともあります。

SLLの面接対策が優れている根拠

面接といえば就職活動。就職活動では、1時間の面接を3回おこないます。高校入試の面接の30倍ぐらい厳しいものです。受験者は1万人、合格は10人とか、そういう世界です。

塾長小池は、そんな就職活動の面接で、5社から内定をもらい、就職活動ではわりと無敵でした。DeNA、楽天、リクルートから内定をいただきました。

リクルート時代も、面接アドバイスをプロとして行っていた実績があります。僕が面接アドバイスをすると、内定の確率が30%あがりました

以下の内容は、塾内限定情報です。友人には秘密ですよ!

面接対策は以下の順序で

面接の基本をおさえる

まずは最初に読んでほしいのが面接の基本を書いたこのページです。この基本が実践できるだけで、全受験者の上位10%には入れます。

面接の基本 >

曖昧な言葉をさけ、数字で語れ >

面接で話す台本をつくる

面接とはこういうものなんだと、おおまかにとらえられたら、面接で話す内容の台本づくりをしましょう。

「もう学校でやりました」という人もあらためて見てください。学校でやったことと考え方が違って、すべてやり直しになることも多いです。

台本のつくりかた >

出来上がった台本を見ると、多くの人が間違っているのが志願理由です。「貴校は文武両道で…、体験入学にいった際に…」などと書いている人は要注意です。

志願理由 >

ロープレ(模擬面接)をして、面接になれる

ある程度の準備ができたら、各学校ごとの面接の癖を理解して、実際のロールプレイ(模擬面接)をしていきたい。模擬面接をするために、各高校の面接のスタイルを学びましょう。

各高校ごとの面接スタイル >

各高校ごとの質問例 >

安房高校の面接の進め方の例 >

なお、ロープレをした結果、台本の修正をしたくなります。なので、台本修正→ロープレ→台本修正…とくりかえすことになります。

台本では対応しきれない質問への対応の仕方

【面接対策】不意打ち質問には、○○をしよう!

お問い合わせ

以下↓の問い合わせ手段もあります。

LINE
24時間受付

ショートメール
24時間受付

電話
平日10-16時、土日10-20時に受付