当塾の小学生コース

算数大事なこと

絵図で考えるって?
動画確認

図を書いて、図そのもので考えていきます。簡単なものから図で理解していかないと難しい問題だけ図を書くことはできません。

本当は分数も小数も同じ。1/10と0.1は「10こに分けた1つ分」。ですが、ほとんどのお子さんは意味をわからずに解き方だけ暗記しています。だから応用が効かない。算数の難問を楽しそうにとけない。中学の理科の計算問題ができない。

よくある問題集の難点

流れがありすぎて、お子さんは何も考えずにその単元の計算方法で計算しています。また解説を見ても、どうして掛け算になるのがピンときません。だから、単元別のテストでしか点数がとれません。

だから当塾では、
絵図を書いた本質的な解説

問題の解説を絵図にして考えることで、直感的に内容を理解できます。みんなの前でやる解説だけ絵図を書くのではなく、プリントの解説も自作して絵図を書いて理解できる解説にしています。

メチャクチャ手間をかけて、解説を自作しています。

なぜ市販の問題集や、普通の塾用教材は解説がそこまで書いていないんですか?

理由1:メチャクチャ手間がかかるから、理由2:紙面の都合で解説を小さなスペースにおさめなきゃならないから、かと思われます。

なぜランゲージ・ラボラトリーはそこまでして解説を作るんですか?

解説が絵図になっていないと、式を適当にたてて計算するようになっちゃうからです。

思考力を鍛えることは…
中学入試の大事な基礎力になる

絵図を書いて考える問題(絵かき算)は中学入試につながる大事な基礎です。当塾の通常の算数クラスはそのまま中学入試対策にもなります。特別なことをしなくても、志学館中学、翔凜中学などの入試対策になります。

ウチの子は中学入試はしないのですが…

中学入試の特別な問題に対応するための勉強をするのではなく、絵図をかいて学んだ結果、中学入試に対応できるようになります。だから公立中の数学でも必要な力なんですよ!

難しいことをやるんですか?ついていけますかね…

絵図に書くことで簡単に理解できるようになります。8割のお子さんは普段から絵図を書いて考えるクセがなく、最初は戸惑いますが、絵が書けるようになると簡単になると思います。

本質考えると
いろんなことつながってくる

実は10%も10個に分けた1つ分。いろんなことが横断的につながってきます。頭のいい子はいろんなことをつなげて考えることができています。また、シンプルに理解をしています。

思考力を鍛えることは…
中学勉強につながる

中2理科(化学)の計算問題ですが、ほぼ小学生の算数です。

銅と酸素は、4:1の比率でくっつきます(そこは中学生の知識)

卒塾生Sさん

ランゲージ・ラボラトリーに通って、いろんなことがつながって、シンプルに簡単に考えることができるようになりました。勉強がすごく楽になりました!(Sさん 北里大学薬学部に進学)

当塾で扱っている
問題

まずは解いてみよう!(正答率 33%)

小1向けの問題ですが、意外と難しいです。計算で解くことしかできない人は中学生でもとけません。

ポイント

絵図を書いてじっくり考えます。

無料体験、個別説明会こちら

当塾の説明を聞きたい、勉強の相談をしたい、
体験授業を受けたいという方はこちらをどうぞ。