小学校3年生版 生活と算数の結びつけ方の具体例

算数は家庭で教えられることがほとんど。

家庭でのベースがあって、学校・塾での机上の勉強が加わると強いです。

生活に結びつけて、算数を教えるにはどうしたらいいのかを考えて見ました。以下は小3ででてくる単元と、どうやって日常生活に結びつけるかという提案です。

単元ごとに生活と算数の結びつけ方

割り算

配膳。ミニトマトを4人家族の皿に分ける。1皿何個になると思う?結果、何個だったか。(ミニトマトは例。アメ玉とかでもいい。)
ミニトマトは例。アメ玉とかでもいい。

水のかさ

牛乳パック(1L)、ペットボトル500ml、2Lなどを買い物するときに話す。1L=1000mLを定着させる。

dL(デシリットル)は生活にあまり登場しない。d(デシ)は10分の1(1/10)という意味。弟子だけに、10分の1?

足し算・引き算

小銭を使って計算。自分のお小遣いの計算をしたり、駄菓子屋で100円ギリギリ買い物をするゲーム(100円超えたら自分の小遣いから、100円以内ならおごりなど)

大きい数

お金。1万円札、5千円札、千円札がある。大きいお金を数えたり、払ったりする機会があるといい。ニンテンドースイッチ買うときなど、大きな買い物をするときにはチャンス。

時計

日常生活で。今何時?4時にサッカーあるけど後何時間何分?じゃあ分にすると?東京行くけど3時間後につくよ。何時?

ストップウォッチ・タイマーで遊ぶ。

長さ

巻き尺で測る。自分の体。宅配便のダンボールの大きさ測って、メルカリで何かを売って発送する。(大きなお金と、長さが両方理解できる)学校までは○○kmある。それは○○mでもある。(kmの長さの体感する)マラソンにでる。リビングの広さ、大型電化製品・家具かうときに一緒に選ぶ。長さみて、ここにはいるかな?

トランプやるときに家族でハンデをつける。妹はポイント2倍とか。

倍は何個分かってこと。

大きな数の掛け算

324✕5とかだったら、約300円が5個。だから1500円ぐらい、

概算(がいさん)の感覚を持つ。大外しはしない。

繰り上がりでミスるなら、小2の簡単な繰り上がりの計算の問題。

数字はお金に置き換えるのがポイント。特に低学年うちは。

数字に実体をもたせる。

表とグラフ

ゲームの攻略本とか?表、グラフが出てくるものをみる。

日常で出てくる表やグラフを読み解く。

重さ

自分の体重測ったり、料理を一緒にしたり。

あとは買い物。

肉を○○g買ってきて、とか。

数字に実体をもたせる。

箱の形

サイコロを作ってみる。

牛乳パックを切り開いて、リサイクルにだす。

ピタゴラスというおもちゃで遊ぶ。

文章題全般

絵・図(線分図、面積図)を書く。

計算式を書くことにこだわらなくていい。

勉強と生活をつなげる記事↓

LINEでお気軽にご質問・ご相談ください(無料

勉強のご相談があれば無料でお答えします。

blogでは言えない話を書いた無料のLINEメルマガはこちら。

電話でお問い合わせ

080-1165-8666

タップすると電話がかかります。お気軽にお電話ください。小池につながります。

ABOUT US

小池哲平
千葉県の白浜町出身。安房高校→慶應義塾大学(経済)→リクルート→SLL。 高校時代学年でブービーから慶応大学に合格した勉強の仕方を伝授。だらしない僕にもできた勉強方法。誰にでもできるように高い再現性を持ったメソッドをみなさんに広めたいと思います。

プロフィール詳細> 塾の詳細>